スポンサーリンク

【ヨネックス】バドミントンシャトルの人気おすすめ一覧を徹底紹介!

レビュー

バドミントンのシャトルはプレーには必須の道具。

だからこそシャトルの打球感を知った上で購入したいですよね?

 

普段何気なく使用しているシャトルの特性やランクを理解し、より気持ちよくプレーすることで自身のレベルアップを図ることも出来るので、必ずチェックするようにしてください。

 

実際にヨネックスのシャトルを一通り使用した私が、打球感を含めて紹介していきます。購入を検討しているあなたは是非参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

ヨネックスシャトル一覧

現在ヨネックスが発売しているバドミントンシャトルで、羽を使用しているシャトルに限定して紹介していきます。

 

ちなみに、エアロセンサ700~トーナメントのシャトルは日本バドミントン協会第検定合格球に規定されています。

試合でもバンバン使われている公式球ですね。

 

まずは、検定球以外のスタンダードシャトル~エアロセンサ200まで見ていきましょう。

 

スタンダード

バドミントン部御用達のスタンダードシャトル。

いわゆる練習球というやつですね。私も現役時代は基本的にヨネックスのスタンダードシャトルかゴーセンのシャトルを使用していました。

 

個人的には打球感はそこそこ。耐久性もそこそこ。

部活で使用するレベルとしてはある一定の水準はあるのかな?という感じのシャトルです。

 

他社商品と比べても、割とコスパが良く沢山使用されている理由は分かりますね。

 

ただ、細かいところを言わせてもらうと

  • 想定よりちょっと飛びやすい?
  • シャトルの伸び微妙?
  • 数ラリーで壊れることも、、、

という感じがします。

 

耐久性はそこそこですが、場合によ手は数ラリーで壊れることもありますので、そうなればノック用のシャトルになってしまいます。

 

また、感覚的にちょっとシャトルが飛びやすいのかな?と感じることも。

ゲーム用の検定合格級と比べると、思ったより飛ぶことがあるのでその辺は調整が必要かもしれません。

 

全体的には良いシャトルかと思いますが、初心者~中級者向けのシャトルであり、あくまでの練習用シャトルの域を抜けないかな?と思います。

 

ですが、コスパは良く私もお世話になったシャトルなので、練習にはもってこいでしょう。

 

👆一本買いやまとめ買いもできますので、最安値をこちらからどうぞ。

 

エアロセンサ200~エアロセンサ700

エアロセンサ200

 

エアロセンサは200~700まであり、200は一番安いモデルになります。

エアロセンサ200の魅力は安いっ!という所以外あまり思いつきません、、、。

 

打球感的には軽めで、耐久性もそこまで高くありません。

先ほど紹介したスタンダードシャトルに比べて打球感が軽く、ちゃんと打っても飛びがあまり良くない印象。

天然コルクでは無い為しょうがないでしょう。

 

試合球としてもあまり好ましくありません。

ノックやパターン練習としては十分使えるでしょう。質より量が欲しい!という場合は迷わずエアロセンサ200で良いかと思います。

 

👆一本買いやまとめ買いもできますので、最安値をこちらから。

※エアロセンサ200はこちらから

 

エアロセンサ300

エアロセンサ300はエアロセンサ200と同様に天然コルクではなく、2層コンポジットコルクという人工コルクになっています。

その為、打球感はさほど良くなく飛びも微妙な感じ。

打球感はちょっと違うのかな?という感じでしたが、正直エアロセンサ200とさほど変わりませんでした。

 

エアロセンサ200と比べるとちょっとだけ価格が上がるので、まとめ買いする場合はエアロセンサ200の方がおすすめ。

 

練習用でちょっと欲しいという場合は、エアロセンサ300でも良いかもしれません。

 

※エアロセンサ300はこちら

エアロセンサ400
エアロセンサ400からコルクが天然ものに変わります。
その為、これまでのエアロセンサ200・300に比べて打球感はちょっと良くなる印象。

耐久性的に大きく変わったような印象はありませんが、部活中や練習的な試合にもちょっと使いたい!みたいな場合はエアロセンサ400が良いかもしれません。

ノックとかパターン練習で使用する場合は、エアロセンサ200~300が良いでしょう。
可もなく不可もなくといった印象のシャトルで、スタンダードシャトルと比べ使い心地的にとんとんかな、、、?いや、、、さすがにスタンダードシャトルのほうが良いか、、、。といった感じ。
※エアロセンサ400はこちら

 

エアロセンサ500

 

エアロセンサ500は400の一つ上のグレードになりますが、400と500で使用感はあまり変わりません。

 

特にこだわりが無ければ400の方が良いかもしれませんが、耐久性や打球感が少しでも良い方が良い!という方はエアロセンサ500を選びましょう。

個人的には400で良さそうな気もしますが、、、

 

400と500を混ぜてノック練習で使用しましたが、あまり違いが分かりませんでした。

微妙な違いです。

 

※エアロセンサ500はこちら

 

エアロセンサ600

エアロセンサ600(旧トレーニング球)から、ちょっとだけ違いが分かりやすくなる印象。

 

練習球としては十分な打球感と耐久性。

私は基本的に練習でスタンダードシャトルとエアロセンサ600を使用しています。

 

これまでのエアロセンサに比べて、ちょっとだけ価格が上がりますが、練習球としてはおススメです!

たまに簡単な練習試合なんかでも使ったりするので、個人的には一番使ってるかも、、、。

 

※エアロセンサ600はこちら

 

エアロセンサ700

エアロセンサ700は日本バドミントン協会第2種検定合格球であり、試合でもちょくちょく見かけるかもしれません。

 

練習球というよりはちょっと良いシャトル。試合でもたまに見る試合球。といった感覚。

打球感はこれまでのエアロセンサシリーズの中では結構良いので、エアロセンサ700を使用した後に他のエアロセンサシリーズを使用すると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

ですが試合球という事もあり、価格的にちょっとこれまでよりお高めに設定されています。

大事な練習やちょっと気持ちよくシャトル打ちたい!練習試合組みたい!という場合はこいつがおすすめ。

 

※エアロセンサ700はこちら

ニューオフィシャル

言わずと知れたヨネックスシャトルのニューオフィシャル。

※エアロセンサ700の一つ上の日本バドミントン協会第1種検定合格球

 

不動の人気を誇る試合球になります。

公式大会なんかでは基本的にニューオフィシャルが多いでしょう。

ニューオフィシャルを打ったことのある方は分かるでしょうが、圧倒的打球感!という感じ。

 

打っててめちゃくちゃ気持ちいいです。

打球感がものすごく良く、飛び過ぎず自然に飛ぶ感じなので、中級者~上級者に愛されているシャトル。

 

耐久性もこれまで紹介したシャトルよりも割とよいので、これまで練習用シャトルしか使わなかった方は感動することでしょう。

 

一つ難点があるとすれば、高いこと。

これまでのシャトルよりも1.5~2倍近く高いので、まさしく高級シャトル!という感じ。

お金に余裕がある方は是非ニューオフィシャルを!

という感じですが、あまり余裕がない方はここぞというときの試合用にお買い求めいただくと良いでしょう。

 

👆一本買いやまとめ買いもできますので、最安値をこちらからどうぞ。

トーナメント

トーナメントシャトルは世界基準のシャトルで、ニューオフィシャルよりも高ランクのシャトルになります。

※日本バドミントン協会第1種検定合格球

 

試合球としては最高品質で、これ以上のものはありません。

 

練習試合や公式戦で使うことがほとんどで、ニューオフィシャルと比べてもまた打球感が良く、耐久性も過去最大級。

一度は打っていただきたいシャトルになっています。

シャトルは気持ちよく飛ぶし、打球感はものすごく良いし、狙ったところにシャトル飛ぶし、自分が上手くなったように感じるほど、、、。

 

ですが、個人的にはニューオフィシャルで結構満足しているので、常に使うとなると別にニューオフィシャルでも良いかな。

と感じます。

 

値段もニューオフィシャルより一つ抜けて高価なので、コスパという面で見るとあまり良くないかもしれません。

これも高級シャトルというわけです。

 

プロ選手も使用しているもので、練習で使用できるような環境であればものすごく良いでしょうが、経済的には優しくないので、ニューオフィシャルとトーナメントシャトルに関しては、試合やここぞ!というときに購入するのがおすすめ。

 

品質的には最高級です。

 

👆一本買いやまとめ買いもできますので、最安値をこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ざっと使用したことのあるヨネックスのシャトルをご紹介しました。

 

シャトルの品質は価格によってさまざまで、耐久性や打球感も良し悪しがあります。

ですが、ひたすらお金をかけて高品質のシャトルを買いまくるというよりは、使用用途に応じてシャトルを使い分けることができれば、経済的にも優しいですしプレーの感覚や幅も広がるでしょう。

 

自身のプレーのレベルや感覚、環境に応じてシャトルをお買い求めください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました