スポンサーリンク

バドミントンとテニスどっちを始める?人気度や難しさの違いを徹底解説。

初心者向け

この記事は「バドミントンを始めようか、テニス(硬式・軟式)を始めようか迷っている」という人向けの記事です。

息子さんや娘さんがバドミントンやテニスを始めたい!と言い出した際にも参考にしていただける記事だと思いますので、ぜひ始める(入部)前に見てもらえればと思います。

スポンサーリンク

バドミントン

バドミントンってどんなスポーツ?と思う方もいるかと思いますが、遊びで行うバドミントンとは違い「室内球技の中でも一番速く一番きつい球技」と言われています。

皆さん初めて試合を目にした時は、プレーのスピードと音に驚きますね。

 

細かな紹介は以下からどうぞ。

 

※部活として行う場合のバドミントン部ってどんなの?という記事も書いていますので、一緒に見ていただくとイメージが湧き易いと思います。

 

スポンサーリンク

テニス(軟式・硬式)

テニスはバドミントンよりも知名度が高く、プレーしたことがある人が多いスポーツ。

軟式・硬式とありますが、中学校までは軟式が主になるでしょう。

遊びとして親しみやすいスポーツですね。ガングロ特攻隊になってしまうのが残念なところですが、、、。

 

細かな紹介は以下からどうぞ。

 

バドミントンとテニスの違いは?

バドミントンとテニスの違いは大きく分けて以下の通り。

  1. ルールの違い
  2. コートの違い(屋内・屋外)
  3. ラケットの違い
  4. 玉の違い(シャトル・軟球・硬球)
  5. スピードの違い
  6. キツさの違い

上記の違いを大きく感じるかなと思います。

 

バドミントンやテニスに触れたことがない人からすると、分かりづらいかもしれませんが完全に「似て非なるもの」です。

 

※違う競技なので違いが多いのは当たり前ですが、「バドミントンかテニスどちらかを始めるとしたら?」と言った観点で記載しています。

 

ルール的な違い

ルール的な違いに関しては他競技ですから、言わなくてもわかると思いますが、同じようなラケット競技に見えても結構違います。

 

点数の付け方からサーブ方法、ボールが地面について良いか等々、、、

※バドミントンの点数の付け方は以下に記載しています。

 

例を挙げ出したらキリがないので、簡単に終わらせておきますが、似たようでかなり違う競技ですね。

 

 

※バドミントンのルールに関しては当サイトにて記載していますが、テニスに関しては記載していません。

※下記のサイトがわかりやすく説明してくれているので、参考までにどうぞ。

 

コートの違い

ルールが違うこともありますが、そもそもコートの広さやプレーする場所も違います。

 

✅バドミントンコートの広さ

引用元:http://sunpoukyoukai.teianjapan.com/?eid=42

 

✅テニスコートの広さ

引用元:https://www.sizekensaku.com/sports/tennis.html

 

画像では分かりにくいかも知れませんが、広さは物凄く違います。

 

バドミントンコートはステップで動くことが多いが、テニスコートは走ることが多いと言えばわかるでしょうか?

 

バドミントンコートはサイドステップ 2〜3歩、前後は3〜4歩でコート内を動くことになりますが、テニスコートはステップでは間に合わないので、走ってコート内を動き回ります。

 

後々記載しますが、「体力的なキツさ」が異なりますね。

 

屋内・屋外の違い

☝️ バドミントンは屋内球技

☝️ テニスは屋外球技

という大きな違いがあります。

 

場所によっては屋内でテニスを行える施設がありますが、部活やクラブとして行う場合はほとんどが屋外でプレーすることになると思います。

 

その為、テニスを行う際は基本的に日焼けをしますし、日差しが強いこともある為皮膚が弱い人なんかはちょっときついかもしれません。

ボールが風の影響を受けますし、砂埃が舞ったりするので苦手な人は苦手な環境かも、、、。

 

 

バドミントンに関しては屋内(体育館)でのプレーが基本。

また、テニスボールよりも玉(シャトル)が風の影響を大いに受ける為、基本的にはドアや窓を閉め切って行います。

夏に同じ体育館を使用しているバレー部やバスケ部からはブーブー言われていました、、(笑)

 

その為、物凄く暑く汗もかきますし、熱中症や脱水症状になる人もいます。

屋内競技とはいえ水分補給やタオルは必須ですね。

 

ラケットの違い

バドミントンラケットとテニスラケットでは使用するラケットの形状が大きく異なります。

 

フォルムは近しいところがありますが、ラケット変えてやってみろ!と言われるととてもじゃないけどできません。

 

バドミントンラケットの重さは約93g〜約78gと100gにも満たず、かなり軽量になっています。

テニスラケットと違い、すべてのショットにおいて片手で振ることになるので、このくらいの軽量でなければなりません。

 

また、ガット(ラケットの網)の太さや強度も異なり、バドミントンラケットのガットは細く切れやすくなっています。

テニスラケットに比べると頻繁に張り替えが必要かもしれません。

 

比べてテニスラケットは約305g〜約270gほどの重さで、バドミントンの3倍強の重さになります。

バドミントンが片手でラケットを振るのに対して、テニスは強打を両手で打つことがあり、その分球威や速さも変わってきます。

 

また、バドミントンのシャトルに比べてテニスボールは重く、コートもテニスコートの方が広い為、ラケットにもある程度の太さや重さ・強度が必要になっているのでしょう。

片手でバドミントンのようにテニスラケット振るとかなりの重圧。腕や肩が悲鳴を上げます。

 

玉の違い(シャトル・軟球・硬球)

ラケットで打つ玉(シャトルにも大きな違いがあります。

 

テニスは硬式・軟式と使用する玉が異なり、柔らかさや跳ね具合・球威なんかも変わるのが特徴。

ボールなのでかなり跳ねますし、重量もシャトルに比べてかなりありますので、その分遠心力や筋力、体のねじれ等様々な強い力が必要になります。

バドミントンよりもダイナミックに力を使わなければなりませんね。

 

バドミントンのシャトルはコルクに羽が付いているもので、重さが約4.74g〜約5.50g程。

テニスの軟式・硬式ボールと比べるとかなり軽量ですね。

 

また、羽でできており風の影響を大いに受ける為、空調はもちろん隙間風なんかもシャトルの軌道を変えてしまいます。

加えて、バドミントンラケットで激しく撃ち抜く際に、羽がちぎれたり欠けたりと壊れやすいのも特徴的。

テニスボールよりも脆く風の影響を受けやすいって感じですね。

 

スピードの違い

個人的に一番の違いはこれ。

競技スピードが圧倒的に違います。(競技スピードが違う分、ラリーの数もバドミントンの方が多いことも特徴)

 

それぞれの競技の最高速度>

  • テニスの最高速度はサーブで約263.4km
  • バドミントンの最高速度はスマッシュで約493km

共に初速を測定したものですが、倍近くの速度が出ています。

新幹線かよって感じですね。

 

また、最高速度だけでなく普段のプレーの速度もバドミントンがダントツでスピーディー。

テニスよりも常に動き続けているので、瞬発力やダッシュ&ストップが求められますね。

 

場合によっては反射的にシャトルを打ち返したりする必要もあります。

目でシャトルを追う前に体が反応してラケットで打ち返すようなイメージです。

 

テニスも十分プレースピードは速く、コートも広いのでバドミントンほどはいかなくとも、物凄くスピーディーな競技にはなります。

 

ですがバドミントンのようなダッシュ&ストップというよりも走り回るようなイメージに近い感覚です。(※テニス経験者の方から伺いました)

 

キツさの違い

どちらも体力を使うことに変わりはないのですが、体力的なキツさの違いがあります。

 

  • バドミントンが瞬発的な体力の使い方
  • テニスはどちらかというと長期的な体力の使い方

 

バドミントンよりもテニスの方が粘り強い体力が必要になる印象。

もちろん、バドミントンも粘りの体力が必要ですが、バドミントンは走りまわる体力よりも息つく暇もないような体力の使い方になるので、そういう意味での「キツさの違い」になりますね。

 

練習メニューでもバドミントンはダッシュ&ストップを重点的に行い、テニスではサイドや前後の往復を行う体力的なメニューが多いですからね。

 

どちらにしろ走り込みは行いますし、同じような練習メニューがあったりもします。

 

難しさの違いは?どっちが難しい?

難しさの度合いに関しては物凄く難しいのですが、個人的には6対4でバドミントンの方が難しいように感じます。

これを言うとテニスプレイヤーから色々と言われそうですが、、、。

 

テニスも難しく細かな技術を必要としますが、バドミントンのショットの多彩さや繊細さ・コースの幅なんかを見ると、選択肢が多い分バドミントンの方が難しいと感じます。

お遊びでするバドミントなら話は別ですが、競技レベルともなると難しいですね。

 

ただ、ショットが綺麗に決まった時の感動や気持ち良さはものすごいので、難しい=楽しくないではありません。

これはテニスも同様です。

 

人気なのはどっち?

結論から申し上げますとテニスの方が人気だと言えるでしょう。

 

バドミントンとテニスではテニスの方が世間一般的に人気であり、競技人口やスポーツショップでの品揃え等、バドミントンとはかなりの差があります。

テニスといえば一般的に有名スポーツですが、バドミントンといえばマイナースポーツと位置付けされているからですね、、、。

 

テニスでは錦織圭選手や大阪なおみ選手等の日本でも有名選手がいて、バドミントンも負けずと桃田賢斗選手が活躍していますが、どうしてもマイナースポーツの域を出ない印象。

 

部活としてもテニスが人気です。

部員数や経験者の数を見ても一目瞭然、、、。

 

始め易いのはどっち?

結論から申し上げますと、始め易さはさほど変わりません。

ですが、環境的に恵まれているのはやはりテニスかなと思います。

 

先ほども記載しましたが、人気&知名度の差・道具の普及度の差から見てもテニス競技の方が恵まれているでしょう。

その為、どちらを始めるかで同じ位悩んでいる人はテニスを始めた方が色々と便利かもしれません。

個人的にはバドミントンを普及したいし、楽しさを広めたいのですが、、、。

 

ただ、バドミントンはコートがいくつか使えるのに対して、テニスはコートが広く個数が少ない為コートをうまくやりくりする必要があります。

そういう意味ではバドミントンもプレー自体はしやすいかと、、、。

 

まとめ

簡単にまとめると

「バドミントンは競技スピードが速く狭いコートをひたすらに動き回るスポーツ。テニスはコートが広く粘り強い体力が必要なスポーツ。ただ、人気なのはテニスで環境的にもテニスの方が恵まれているが、個人的にはバドミントンを推したい!」

と言った感じです。

 

私もバドミントンを始める際にテニスと迷いましたが、友達がバドミントンをしようと言ったので、バドミントンを始めました。

今思うとバドミントンを始めていてよかった!と感じているので、個人的にはバドミントンを推したい、、、!

 

どっちも好きでどっちか始めたい!というならテニス、、、?となりますが、スピーディーな競技の方が好みなのであればバドミントンを始めてみてください。

 

ではでは。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました