スポンサーリンク

【バドミントン】壁打ちのコツや自宅でできる超簡単なやり方を伝授します!

初心者向け

バドミントンの数々ある練習の中で「壁打ち」を軽視してはいけない理由をあなたは知っていますか?

簡単な練習と思いこんでいる方も多いですが

実はちゃんと考えて行うとかなり身になる

難しいトレーニングなのです。

 

その為、ただただ漫然と壁打ちをしていては

真に壁打ちの効果を実感することはできませんし

特にこれといった練習になりません。

 

今回は、壁打ちというものを真に理解し

ポイント壁打ちで強くなる為の練習法やコツ

ポイント自宅でも音を気にせず簡単にできる方法

を徹底的にお伝えしていきます。

 

他の選手と一味違う差をつけたいなら

必見となっているので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

壁打ちの効果とは?

まず壁打ちの効果をお伝えしていきます。

 

壁打ちの効果はざっくり簡単に言うと

効果その①コントロール性の向上

効果その➁ディフェンス能力の強化

効果その③クリアの精度、飛距離向上

になります。

 

この効果を理解せずに漫然とやっていても

正直あまり効果はありません。

Tommy
Tommy
私がジュニアの子に指導する時も、最初に壁打ちの意味を教えてからしてもらうようにしています。

 

冒頭でもお伝えしましたが

壁打ちをする際にシャトルが変なところに飛んだり

思ったところに返ってこなかったりします。

原因はコントロール性の低さ

ラケットワークの不安定さ

というところにあります。

 

ラケットの面が安定していなかったり

芯でシャトルをとらえられなかったり、、、

【バドミントン】ラケットの真ん中(芯)でシャトルをとらえる練習法を初心者へ徹底解説!
ショットの精度や速度を上げるためには 必ずシャトルをラケットの面の中心で 正確にとらえる必要があります。 スイートスポットというやつですね('ω')ノ これだけでショットの質が 大きく変わってきます。 ...

いずれにしろお粗末なラケットコントロール

原因になってきますね。

Tommy
Tommy
私も以前は適当に壁打ちやってました、、、

 

その為、きちんと理解した上で

しっかりとポイントを押さえていれば

ラケットワークシャトルコントロール

鍛えることができるのです。

 

実際、結構いい練習になります。

 

また、壁打ちは思っているよりも

速くシャトルが返ってきます。

自分が打ったスピードにもよりますが

シャトルを打った後にすぐに自身の前に

返球されるので瞬発的に反応する必要があります。

 

いわゆるレシーブ力が試されるわけですね。

バドミントンのレシーブを徹底強化(シングルス編)!練習法やポイントを初心者向けに解説!
皆さんはレシーブの打ち方を しっかりと理解したうえで レシーブを打っていますか? バドミントンの中で攻めはスマッシュ 守りはレシーブというイメージがあります。 そのイメージはおおよそあっています。 ...
レシーブを徹底強化(ダブルス編)!ドライブリターンを極めて上手に攻めに転じよう!
バドミントンのダブルスにおいて レシーブは試合を左右する 非常に重要なショットになります。 またシングルスよりも レシーブの頻度も多いので ミスをしやすいショットでもありますね。 その為試...

別記事でシングルス・ダブルスそれぞれの

レシーブについてお伝えしていますが

ちゃんと理解した上での壁打ちも

非常に良いレシーブの練習になります。

 

また、ちょっと違った練習になりますが

高く大きくシャトルを打つことで

シンプルなクリア練習にもなりますし

コントロールを意識したストローク練習にもなります。

Tommy
Tommy
壁打ちだけでこんなにいろんなショットを想定した練習ができるのを、意外にも知らない方が多いですね。

 

 

以上を理解した上で壁打ちをやっていくのですが

実際にやり方&コツを見ていきましょう。

ここからは実際に動いていきます。

 

スポンサーリンク

やり方&コツ 田児賢一動画付き

コントロール&レシーブ練習

やり方としてはいたって単純で

「壁に向かってシャトルを打つ」

ということになるのですが

ここで一つ頭に入れてほしいのが

あくまでコントロール&レシーブ練習であるという事。

 

シャトルは回転の具合やラケットの当たり具合で

思いもよらぬところへ飛んで行ったりします。

 

壁は打ったシャトルの当たり具合で

返球が変わってくるので

ちゃんとシャトルをとらえられてなかったり

芯で打てなかったりすると

シャトルがきれいに返ってきません。

 

田児賢一さんも言っていましたが

完全にこちら側のミスということになります。

なので壁打ちの上達はすなわち

レシーブ力&ラケットワークだけでなく

シャトルコントロールの上達になりますね。

 

動画では姿勢を低くしており

どんどんスピードを上げていっていますが

これは基礎がしっかりとしている

田児賢一さんだからこそできるので

いきなり真似してもなかなかできません。

 

まずは

まずはココから姿勢は高めに

まずはココから自身の正面に向かって打つ

まずはココからショットはゆっくりでOK

まずはココからバックハンドのみでOK

上記を意識してやってみましょう。

 

慣れてくればスピードを速くし

姿勢を低くしてレシーブやドライブを意識した

練習に切り替えていければOKです。

 

常にシャトルが目の前に返ってくるので

バックハンドでもフォアハンドでも

どちらでも対応できるように

常に正面にラケットを構えて

素早く壁に向かってシャトルを弾きだす。

 

これをひたすら続けていきましょう。

 

 

クリア練習

レシーブやシャトルコントロールだけでなく

クリア練習にもなる壁打ち。

クリアの打ち方と飛ばす方法を徹底解説!精度を上げて試合を支配しよう!
バドミントンの試合の中で追い込まれた時や 相手を追い込みたい時には必ずクリアを打ちます。 これはどんな選手も共通しています。 試合中にクリアを打たない選手はまずいません( ゚Д゚) それほどにクリアというショ...

 

このクリア練習では基本的に

ポイントシャトルを大きく飛ばストローク

ポイントコントロールを意識したストローク

を中心にやっていきます。

 

大きく飛ばすストロークでは

とにかく壁に向かって大きくクロスを打ちます。

最初はあまり飛ばさなくても良いですが

徐々に飛距離を伸ばしていきましょう。

Tommy
Tommy
徐々に後ろに下がりながら打つイメージ。

 

この時に一つ注意してほしいのが

力任せのショットになりすぎないこと。

 

どうしても飛距離を伸ばそうとして

思いっきり力任せに打ち

フォームがぐちゃぐちゃになってしまう方がいます。

打点が低くなってしまったり

ラケットのストロークが崩れてしまったり、、、

バドミントンの正しいフォームの改善法を徹底解説!初心者がキレイに直す為の必須ポイント!
バドミントンをする上で基本となる フォームですが 人それぞれ結構違いがあり 個性があります。 キレイな人もいれば 少し崩れたように打っている人もいるでしょう。 まず大前提に ラケットワークや...

 

そうなるとクリア練習の意味が薄れてしまうので

十分注意してください。

Tommy
Tommy
大切なのは安定した打点・フォーム・ストロークです。

この練習でクリアの安定したクリアの飛距離

を伸ばしていきましょう。

 

 

コントロールを重視したストロークでは

さほど飛距離は伸ばさなくてOK

ラケットの面を意識したストロークで

自身の思ったところに向かって

クリアを打っていきます。

 

何か目印を見つけてそこを狙うのも良いでしょう。

動画で井川さんも言っていますが

肘から先のストロークを意識すると

コントロールを定めやすいので

意識してみましょう。

 

意識して取り組むだけで

壁打ちの効果がグッと上がってきます。

スポンサーリンク

自宅でできる超簡単な方法

壁打ちのコツを教えてもらっても

なかなか体育館取れないし

部活中は全然壁打ちする時間がない!

どうにか自宅で壁打ちができないものか、、、

と思っている時期が私にもありました。

 

でも、音が気になる、、、

という方がほとんど。

 

という方におすすめなのが無音布になります。

シャトルを打っても音が響かないように

布が音を吸収してくれるので

自宅でも気兼ねなく壁打ちができます。

 

スタンドタイプのものもあれば

引っ掛けるタイプのものもあります。

自身の部屋や、自宅の構造を考えて

購入することをおススメします。

Tommy
Tommy
ラケットをブンブン振り回しすぎて壁や電気に当たらないようにしてください。
私は以前、ラケットを傷つけ電気をぶち壊したことがあります、、、

 

かべ打ち君というものもありますが

かなりお値段が張るので

学生さんにはちょっときついかも、、、?

 

相手コートのを想定したデザインになっているので

より壁打ちでコースを意識したり

コントロールを意識したりしやすいかと思います。

Tommy
Tommy
お財布に余裕のある方はこちらをどうぞ

 

まとめ

壁打ちについて抑えてほしいポイントを

徹底的にお伝えしてきました。

 

壁打ちは一人でさみしくやるようなイメージ

を持っている方が多いですが

逆に言えば一人でしかできない練習になるので

他の選手と差をつけたいなら

絶対に取り組んでおくべき必須練習です。

 

練習や部活の合間に

自宅でこっそりと他の選手との差をつけて

一味違う強さを手に入れましょう。

 

ではこれで✋

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました