スポンサーリンク

カーボネックス50の使用感や感想をレビュー!高いレベルでバランスの良いラケットだった!?

レビュー

今回、久しぶりにカーボネックスシリーズ

を使ってみました。

昔よく使っていたので

どんな感触か忘れていましたが

久しぶりに使えて楽しかったので

使用感・感想をお伝えしようかと思います(^^)/

 

私の周りでカーボネックスシリーズ

のラケットを持っている人がいなかったので

結構探すのに苦労しましたが

何とか見つけ出すことができたので

お借りして基礎打ち・ラリー

ゲームを何試合か通して使ってみました。

 

良かったら参考にしてみてください(^^)/

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カーボネックス50

 

黒を基調とした色に

水色やゴールドのデザインが施されており

シンプルかつおとなしいので

どんな方でも使いやすい見た目をしています。

 

形状としては卵型のフレームをしています。

カーボネックス等の古いモデルのものは

卵型が多いですね(^^)/

なんだか懐かしい、、、

 

カーボネックスシリーズは現状20と50

の二つのモデルしか販売しておらず

それ以前のものは公式には販売していないみたい、、、

現在、カーボネックスシリーズで20と50以外を

キレイな状態で持っている方は

是非そのまま保管することをお勧めします。

 

今後カーボネックスシリーズが

廃版になる可能性もあるので

そうなればラケットとしての価値が

どんどん上がりますからね(^^)/

 

個人的にはカーボネックス30を

久しぶりに使いたい、、、( ゚Д゚)

 

性能

 

シャフトと打球感はともに硬め

ラケットバランスはややヘッドヘビーで

ガットの適正テンションは

3U(約88g)で19~24ポンド

2U(約93g)では20~25ポンド

となっています。

 

 

スポンサーリンク

評価

管理人が実際に使用した使用感や

感想を元に感じた長所と短所を

徹底的にレビューしていきます。

 

※あくまで個人的な感想なので

参考までにお願いします。

 

長所

👆スマッシュの気持ちよさ

👆高いレベルでの使いやすさ

 

かなりの人気モデルであるカーボネックスシリーズですが

このカーボネックス50は上級者向けの

キレイにまとまったラケットだと感じました。

 

フレームが卵型なので

若干スウィートスポットは狭いのかな?

と感じましたがちゃんと芯で

シャトルをとらえることができれば

気持ちよくショットが打てる感覚がありました。

【バドミントン】ラケットの真ん中(芯)でシャトルをとらえる練習法を初心者へ徹底解説!
ショットの精度や速度を上げるためには 必ずシャトルをラケットの面の中心で 正確にとらえる必要があります。 スイートスポットというやつですね('ω')ノ これだけでショットの質が 大きく変わってきます。 ...

 

特にスマッシュは結構いい音で

打ってて気持ちよかったです(^^)/

50はカーボネックスシリーズの中では

比較的硬めの設計なのか

打球感やシャフトはやや硬めですが

他のラケットの硬さよりも

若干柔らかめに感じました(‘ω’)ノ

私だけかな、、、?

 

なので思ったよりもしなりが利いてくれます。

打球感硬めでシャトルの弾きもあるので

高いレベルでバランスに良いラケットなのかな?

と感じます。

スポンサーリンク

短所

👆やや上級者向け?

 

カーボネックスは割と初心者~中級者向け

のものが多いと個人的には思っていますが

カーボネックス50は比較的

上級者向けなのかな?と感じます。

 

個人的に初心者の方には

☑柔らかいシャフト

☑打球感のもの

☑比較的軽いモデルのもの

をお勧めしているので

初めてラケットを購入する方や

初心者の方が良く検討したほうが良いかも?

と思います。

 

 

どんな人におススメ?

👆本格的にバドミントンを始める方

👆中級者~上級者の方

 

上記に当てはまる方にお勧めのラケットです。

 

上級者の方向けと書いてはいますが

今後きちんと競技として

バドミントンに取り組んでいく方なら

より実用的に使えると思うので

上級者に限らず使っていただけるでしょう。

 

 

まとめ

今回カーボネックス50を使用し

使用感や感想をお伝えしてきました。

 

結構久々に使ったので

馴染むのにちょっと時間がかかりましたが

なかなかに使いやすく

全体的に好印象なラケットでした。

 

最新のラケットだけでなく

こういう古参のラケットも

全然捨てたもんじゃないなと思います(^^)/

 

 

ではでは。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました