スポンサーリンク

【バドミントン】ショートサーブをシングルスで打つ利点は?フォルトにならない為の基本を徹底解説!

バドミントン

バドミントンにおける

スタートでもあるショートサーブ

(ショートサービス)

の利点や基本的なところを

シングルに焦点を当てて

徹底的に解説していきます。

 

最近のバドミントンのシングルスは

男女問わずにショートサーブを

使用する割合が多いです。

それだけ利点があるということです。

 

今回お伝えすることは

初心者~中級者の方は

必ず確認しておいて欲しいポイントになります。

 

たとえどんなショットを磨いても

それを試合中に打てなければ

意味がありません。

 

体勢がきつかったり

打つ余裕や時間がなかったりと

なかなか安定したショットが

打てないからです。

 

しかしサーブは

唯一止まった状態で

十分な時間を使って

狙いを定めることができます。

ルールですから

あからさまに

時間を使わない限りは

フォルトを取られたりはしません。

 

このサーブの精度を

しっかりと上げておくことで

ラリー開始時に優位に立ったり

自身がすぐに攻めたり

良いことずくしです。

 

ですが

皆さんショートサーブに

苦手意識がある方が多く

できないままにしてしまう方もいます。

 

そのままでは非常にもったいないです!

今回お伝えするところを

是非、参考にしてみてください(^^)/

スポンサーリンク


 

 

スポンサーリンク

ショートサーブ

まずは、ショートサーブ練習の

動画を見てイメージを膨らませましょう。

この動画では

①センターラインへのショートサーブ

②サイドラインへのショートサーブ

③センター奥へのロングサーブ

④サイドライン奥へのロングサーブ

の4つに分けて練習しています。

 

ショートサーブの狙いどころや

コツを別記事で解説していますので

是非参考にしてみてください(^^)/

【バドミントン】シングルでショートサーブを打つコツや狙いどころを徹底解説!
バドミントンのシングルスにおける ショートサーブのコツや狙いどころを 初心者~中級者向けに徹底解説していきます。 シングルスにおける ショートサーブの利点についても 解説していますので 参考までに...

 

このショートサーブを打つ利点を

ご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

シングルスでの利点

初心者の方からすれば

ショートサーブはダブルスでのサーブ

といったイメージだと思います。

私も小学生~中学1年生までは

そんなイメージでした。

 

ですがショートサーブは

シングルスにおいても必須レベルであり

特に中高生や社会人で

バドミントンをプレーしている方は

是非、習得して欲しいところでもあります。

 

ではなぜシングルスで必要なの、、、( ゚Д゚)?

と思う方もいるかと思うので

利点を解説します。

 

 

スマッシュを打ち込まれない

まずはこの利点が大きいです。

 

ショートサーブであれば

シャトルが甘く浮かない限りは

上からたたかれることはありません。

 

ロングサーブでは

サーブを打つフォームから

ロングサーブである

ということがすぐに

分かってしまいますし

何よりシャトルが高く上がるので

相手にスマッシュを打つチャンスを

与えてしまうことにもなります。

 

相手が高身長であったり

ジャンピングスマッシュを

得意としていたりすると

自ら失点を作ってしまいます( ゚Д゚)

できればショートサーブをお勧めします。

 

 

アウトになりにくい

ロングサーブの場合は

シャトルを遠くに飛ばす必要があるので

飛距離が出すぎてアウトになるか

サイドラインを越えて

アウトになってしまう事があります。

 

逆にショートサーブでは

自身のすぐ目の前のラインに

打つことができるので

ロングサーブに比べて

力を入れなくていいですし

シャトルのコントロールがしやすいです。

 

結局はコントロール次第なのですが

ショートサーブに比べると

ロングサーブの方が

大きくラケットを使うので

コントロールしにくくなります。

その点においても

やはりショートサーブをお勧めします。

 

また利点だけでなく

注意点もしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク


 

注意点

シングルスのショートサーブには

上記のような利点がありますが

逆に注意点もあります。

 

 

フォルト

ロングサーブでは取られにくいですが

ショートサーブでは

フォルトを取られることがあります。

 

ですが

必要最低限のルールを守っていれば

フォルトを取られることはないので

これを機に覚えておきましょう。

 

 

 

打点は腰より下

シャトルの打点は腰より下です。

腰って大体どこが基準、、、( ゚Д゚)?

ってなる人もいると思いますが

おおよそ自身の骨盤の

一番出っ張っている所

基準にしましょう。

大体このあたりです。

 

ここを超えないように

イメージしてラケットを構えましょう。

 

 

シャトルは見えるところに

これも基本中の基本ですが

ショートサーブを打つ前に

必ず相手にシャトルが見えるようにしましょう。

 

手でシャトルをまくりこんでしまい

相手からシャトルが見えなくなったり

見えにくかったりすると

フォルトを取られる可能性があります。

 

 

 

一連の流れで打つ

シャトルを打つ際に

必ず一連の流れをもちましょう。

いわゆるルーティーンてやつですね(^^)/

 

途中で動作が止まってしまったり

緩急がついたような動きになってしまうと

フォルトを取られる可能性があります。

 

意図的にタイミングをずらした

と捉えられるかもしれませんからね( ゚Д゚)

必ず一連のルーティーンをもって

サーブを行いましょう。

 

 

 

サーブレシーブへの反応

ショートサーブの場合は

シャトルを打ってから

相手がサーブレシーブをするまでの間が

ロングサーブに比べて短いので

サーブレシーブに対する

素早い反応が求められます。

 

いきなりバック奥に返されたり

フォア前に落されたりしても

素早く反応しなければなりません。

この反射神経は培っておく必要があります。

 

これに関しては

別記事にて徹底解説していきます。

 

 

まとめ

今回シングルにおけるショートサーブの利点

徹底解説していきました。

 

今回はショートサーブの実践というよりは

必ず知っておかなければならないところ

になるので練習する前に

必ず確認しておきましょう。

 

実際の練習法やコツを

別記事にて徹底紹介していきますので

そちらも併せて参考にしてみてください(^^)/

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました