スポンサーリンク

【バドミントン】ラケットの真ん中(芯)でシャトルをとらえる練習法を初心者へ徹底解説!

初心者向け

ショットの精度や速度を上げるためには

必ずシャトルをラケットの面の中心で

正確にとらえる必要があります。

スイートスポットというやつですね(‘ω’)ノ

 

これだけでショットの質が

大きく変わってきます。

 

プロの選手やアマチュアのうまい選手は

それぞれのショットでしっかりと

シャトルを芯でとらえて打っています。

 

毎回全くのど真ん中

というわけではないですが

やはりその周囲でシャトルを

とらえることができるかどうか

がうまい人と下手な人の

境界線になるのではないかと思います。

 

そこで今回

シャトルを芯でとらえるための

練習法をお伝えしていきます。

是非、参考にしてください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

スイートスポット

ラケット(ガット)の芯

いわゆるスイートスポットは

ここになります。

 

ガットの中心とその周囲になるのですが

このスイートスポットは

ガットの張力が安定しており

ある程度弾力があるため

とらえたシャトルを

しっかりと弾きだしてくれて

自身の力を十分に

シャトルへ伝えてくれます。

 

スイートスポット以外で

シャトルをとらえると

打てることは打てますが

ガットが切れやすくなったり

あまりシャトルが飛ばなかったり

狙ったところに打てなかったり

ショット自体の質が低下してしまいます。

 

なのでまずショットの練習をする前に

ラケットの芯でシャトルをとらえる

といった練習をしていきます。

 

具体的に感覚の確認と

実際の練習法を見ていきましょう。

 

感覚の確認

スイートスポットでシャトルをとらえる

感覚の確認からしていきましょう。

 

先ほどもお伝えしたように

ここがスイートスポット

になるのですが

ここでしっかりとシャトルを

とらえることができると

効率的にシャトルがはじき出されるので

シャトルの重たさを感じにくくなります。

 

逆にラケットの芯とはずれたところで

シャトルをとらえると

シャトルを重たく感じたり

ラケットが押されるような感覚が伝わってきます。

まずはこの感覚の違いを感じ取りましょう。

 

感覚の違いを確認するには

その場でラケットの芯でシャトルをとらえて

上に打ち確認していきます。

 

この時にシャトルを軽く感じる場合は

スイートスポットにしっかりとヒットしており

重たく感じる場合は

少しずれた場所でシャトルを

とらえてしまっている可能性があります。

 

感覚を確認した後は

実際に芯でとらえる練習に移ります。

スポンサーリンク


 

練習法

ここでは段階に分けて

練習法をお伝えしていきます。

 

①その場でシャトルを上に向かい打つ

先ほど感覚を確認する方法で行った

その場でシャトルを軽く打つ

といった方法です。

 

これは練習というよりは

空いた時間でできるので

結構手軽です(‘ω’)ノ

 

フォア側とバック側でそれぞれと

慣れてくれば交代で切り替えながら

打っていきます。

この時にシャトルを軽く打てるような

感覚が伝わっていることを感じましょう。

 

この感覚がないと

意味がありませんからね(笑)

 

 

②中途半端なショットを打つ

いきなりクリアやスマッシュを

芯でとらえて打つことは

少し難しいかと思うので

まずは中途半端なショットを打ってきます。

 

半面コートで

コート中央から相手に向かい

緩やかにクリアを打っていきます。

この時しっかりと

スイートスポットでシャトルを

とらえていきましょう。

 

慣れてくれば徐々に

クリアを大きくしたり

ドリブンクリアを打ったり

ドロップ等を打ったり

バリエーションを加えていきましょう。

 

この時にスイートスポットを

忘れないように(‘ω’)ノ

 

 

③クリアでしっかりと芯をとらえる

①、②でしっかりと練習した後は

しっかりとクリアを打ちながら

確認していきます。

 

ここではフットワークやコースよりも

芯でとらえる感覚を

感じながら打っていきましょう。

 

スイートスポットでとらえられれば

シャトルが軽く打てるようになり

振り抜きや打球感が良く打てます。

 

また

クリアはゆっくりで構わないので

打点は高く、力は抜いた状態で

相手の奥へ返すような

イメージで行いましょう。

 

クリアの打ち方も

徹底解説しているので

参考にしてみてください(‘ω’)ノ

クリアの打ち方と飛ばす方法を徹底解説!精度を上げて試合を支配しよう!
バドミントンの試合の中で追い込まれた時や 相手を追い込みたい時には必ずクリアを打ちます。 これはどんな選手も共通しています。 試合中にクリアを打たない選手はまずいません( ゚Д゚) それほどにクリアというショ...

 

慣れてくれば

スマッシュを打っていくのですが

ココでのスマッシュでは

速度を意識しすぎずに

楽に振り抜いてシャトルを

ラケットの芯でとらえましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

ラケットの芯でシャトルをとらえる練習法

というところをお伝えしてきました。

 

冒頭でもお伝えしましたが

シャトルをラケットの芯で

とらえることができると

ショット全体の質が上がり

コントロールや速度まで

上がってきます。

 

今回お伝えした事を

念頭に置いて練習に

取り組んでみてください(‘ω’)ノ

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 【バドミントン】ラケットの真ん中(芯)でシャトルをとらえる練習法を初心者へ徹底解説!ショットの精度や速度を上げるためには 必ずシャトルをラケットの面の中心で 正確にとらえる […]

タイトルとURLをコピーしました