スポンサーリンク

【バドミントン】ラウンドからのクロススマッシュの打ち方&コツを徹底解説!

バドミントン

バドミントンにおいて

難しいショットや

苦しいショットは多々あり

特に皆さん多いのが

ラウンドでのショットが苦手

という方がたくさんいます。

 

ラウンドからのショットは多数あり

クリアやドロップ

またはハイバックでショットを打つことも

多々あるかと思います。

もちろんすべてが万全な体勢で

打てるわけではないので

これらの選択も必須になってきます。

 

ハイバックやドロップ、クリアの

打ち方&コツを徹底解説しているので

こちらも併せてどうぞ(^^)/

バドミントンのドロップとカットの打ち方を徹底解説!浮かないためのポイントもお伝えします!
皆さんはドロップとカットの使い分けをしていますか? 上手い人や一流選手はきちんと場面に応じて 使い分けているのを目にします。 緩急のついたあのショットは憧れますよね(^^)/ ドロップやカットドロップ...
クリアの打ち方と飛ばす方法を徹底解説!精度を上げて試合を支配しよう!
バドミントンの試合の中で追い込まれた時や 相手を追い込みたい時には必ずクリアを打ちます。 これはどんな選手も共通しています。 試合中にクリアを打たない選手はまずいません( ゚Д゚) それほどにクリアというショ...
ハイバック(バドミントン)のコツや奥に飛ばす打ち方は?練習法と原因を徹底解説します!
皆さんどうも。 管理人のTommyです('ω')ノ バドミントンをやる上で 必ずといっていいほど必要となる 「ハイバック」ですが 結構難しいイメージがあるかと思います。 私自身ちゃんと飛ば...

 

しかし選択肢が多い方が

攻め方や試合の流れを

変えることもできます。

 

個人的にはバドミントンは

試合の流れというものが

非常に影響してくる

スポーツだと言われていますね。

 

余裕があるときには

どんどん攻めていき

流れを完全に自分のものにできれば

グッと勝ちが近づいてくるわけですね(^^)/

 

そこで皆さん狙うのが

ラウンドからのクロススマッシュです。

このスマッシュを打てるかどうかで

結構攻め方も変わってきますね。

 

今回はこの

ラウンドからのクロススマッシュ

に焦点を当てて徹底的に

解説していきます。

是非、参考にしていただき

明日からクロススマッシュが

打てるようになってください(^^)/

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ラウンドクロススマッシュ

ラウンドからのクロススマッシュ

に関してイメージがしづらい方に

一旦動画を見ていただき

イメージをつけてもらおうかと思います。

できればリンダン選手の

ラウンドクロススマッシュが

非常に分かりやすく

理想形だと思うのですが

こちらも参考になるかと思います。

 

何度か繰り返していただき

イメージを深めましょう。

 

ラウンドクロススマッシュは

大きく分けて2パターンの打ち方があり

手首で打つパターンと

体を入れて打つパターン

に分かれます。

 

それぞれポイントを抑えつつ

見ていきましょう。

 

手首で打つパターン

まず手首を使い打つパターンからです。

正確には肩から手首ですね(^^)/

これはリンダン選手がよく使っていますね。

 

バック奥へのクリアやロブを

手首のスナップを使って

クロスへとスマッシュを打っていくのですが

手首で打つパターンの時は

速度やスマッシュの強さではなく

角度とコースを意識します。

 

その為体を入れずに

肩から先の肘~手首

を意識的に動かす必要があります。

いわゆるスナップというやつですね。

 

スナップの鍛え方については

こちらを参考にしてみてください(^^)/

手首を徹底的に鍛えてスナップの使い方をマスターしよう!初心者の為のトレーニング法!
バドミントンにおいて スナップを効かせたショットを 打つことがよくあるかと思います。 ドライブやハイバック スマッシュを打つ際にも スナップの効き具合で ショットの質が大きく変わってきます。 ...

 

一連の流れ

一連の流れとしては

①バック奥にラウンドで

ステップしていく

②スマッシュのフォームで

肩から腕をやや外側へ開き気味に

ストロークしていく

体はやや正面向き

③高い打点でシャトルを

やや側面からとらえる

イメージでクロスに打つ

 

上記の流れで

シャトルをとらえていきます。

文字だけでは分かりにくいと思うので

写真で手首の使い方

を見ていきます。

できれば②の段階

シャトルをとらえておくことが

必要になってきます。

スポンサーリンク


 

ポイント

先ほども言いましたが

ここではスマッシュの速度よりも

角度とコースを狙う精度

が大切になってきます。

 

角度が甘かったり

コースが甘かったりすると

ドライブや鋭いレシーブで

カウンターを受けてしまい

逆に失点してしまう可能性があります。

何度か練習しておきましょう。

 

ポイントは

①シャトルをやや側面でとらえる

②打点はできるだけ高く

③角度とコースを意識

です(^^)/

この3つを必ず押さえておきましょう。

 

 

体を入れて打つパターン

次に体を入れて打つパターンです。

 

先ほどの手首をメインに使って

角度とコースを意識した

クロススマッシュではなく

体を入れて打つパターンでは

どちらかというと速度を意識します。

もちろん角度とコースは

狙っていくのですが

ここでは速度を意識していきます。

 

また、可能であれば

ここでジャンピングスマッシュを

積極的に狙っていきましょう。

 

ジャンピングスマッシュの

打ち方をこちらで徹底解説しているので

参考までにどうぞ(^^)/

ジャンピングスマッシュの打ち方のポイントとコツを徹底解説!超攻撃的なショットでエースを狙おう!
スマッシュの中でも ジャンピングスマッシュは かなりの身体的負担がかかります。 しかし 決定打としてこれ以上のものはなく 相手に相当なプレッシャーを与えることもできます。 ジャンピングスマッシュを...

 

一連の流れ

一連の流れとしては

①手首で打つパターンと同様に

バック奥にラウンドで

ステップしていく

②しっかりと体の側面を

ネット側~クロス方向に向けて構える

③スマッシュのフォームで

やや沈み込むように右足へ

体重をかけていく

④体の側面をクロス方向へ向けたまま

スマッシュorジャンピングスマッシュ

を打っていく

この流れでクロススマッシュを

打っていきます。

 

ポイント

体を入れて打つパターンでは

打った後に体が崩れてしまうと

レシーブやカウンターに

対応できなくなるので

打った後もコートの中心に戻ることを

意識しておきましょう。

 

ポイントは

①体の側面をクロス方向へ向ける

②しっかりと右足へ体重をかけていく

③スマッシュの速度を意識する

です。

上記の3点をしっかりと抑えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

ラウンドからのクロススマッシュについて

大きく2つに分けて解説してきました。

 

私個人としては

試合の流れを変えたいときや

ちょっと攻め方を変えたいときには

手首を意識したような角度のある

クロススマッシュを打っていき

決定打を打つときや

ここで決めたい!というときには

体をしっかりと入れて

クロススマッシュを打っていく

というように使い分けていくと

戦略の幅が広がるのでおススメです(^^)/

 

是非参考にしていただき

明日からラウンドからのクロススマッシュ

を打てるようになりましょう(‘ω’)ノ

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました