スポンサーリンク

レシーブを徹底強化(ダブルス編)!ドライブリターンを極めて上手に攻めに転じよう!

バドミントン

バドミントンのダブルスにおいて

レシーブは試合を左右する

非常に重要なショットになります。

 

またシングルスよりも

レシーブの頻度も多いので

ミスをしやすいショットでもありますね。

 

その為試合を勝ち進んでいくには

まずレシーブの精度を上げる必要がある

かと個人的には思います(^^)/

 

そこで今回

ダブルスにおけるレシーブの考え方

実際の打ち方からポイントまで

初心者向けにお伝えしていこうかと思います。

 

※シングルスにおけるレシーブの打ち方も

別記事で徹底解説していますので

参考までにどうぞ(^^)/

バドミントンのレシーブを徹底強化(シングルス編)!練習法やポイントを初心者向けに解説!
皆さんはレシーブの打ち方を しっかりと理解したうえで レシーブを打っていますか? バドミントンの中で攻めはスマッシュ 守りはレシーブというイメージがあります。 そのイメージはおおよそあっています。 ...

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ダブルスにおけるレシーブとは

まずダブルスではシングルスに比べ

レシーブの割合が段違いに多いです。

 

冒頭でも触れましたね(^^)/

 

基本的にはダブルスは

攻めたほうが勝つ

といわれているくらい

攻めのショットの精度と威力

が求められています。

 

しかし実はそれと同じくらい

レシーブの精度が求められます。

 

攻めに行く前に攻め切られてしまったら

こちらが攻めるタイミング

がないですからね( ;∀;)

 

その大切なレシーブを

種類ごとに解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

レシーブのパターン

ダブルスにおいても大きく分けて

3パターンあります。

 

ショートリターン

ロングリターン

ドライブリターン

ですね(^^)/

 

中でもドライブリターンは

ダブルスにおける主になるところなので

是非参考にしてください。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

ショートリターン

まずショートリターンからです。

シングルスでは多用されている

レシーブですがダブルスにおいては

打ち込まれてしまう恐れがある

リスキーなショットになります(;’∀’)

 

 

ダブルスでは前衛がいるので

ショートリターンをしても

甘く浮いたりしてしまうと

即座にプッシュ

押し込まれてしまいます。

 

そのため

ショートリターンはあくまでも

サーブレシーブの時

フェイントを効かせて打つ

もしくは相手のスマッシュを

断ち切るようにコースを変えて

打ち返す時に使用しましょう。

参考までに(^^)/

 

 

その為

👆ネット前の低い位置 or 高い位置

からクロスに打つようにする

 

という使い方がおススメです。

 

ただ最初にも言いましたが

安易にショートリターンを使用するのは

やめたほうが得策です(‘ω’)ノ

相手に攻めの起点を与えてしまう

という恐れがありますからね。

 

打ち方の詳細は

冒頭のシングルスのレシーブ強化方法

お伝えしていますのでそちらをどうぞ(^^)/

スポンサーリンク


 

ロングリターン

ロングリターンは基本的に

ストレートのショットをクロスへ

クロスのショットをストレートへ

と相手を左右に動かすようにして

使っていくのが基本になります。

 

しかしここで注意すべきは

👆シャトルの飛距離と高さです。

 

後衛に深く高く上げて

打たせて取るという事に使われる

ロングリターンですが

手首を使って返すことが多いので

甘く上がってしまいやすいです。

中距離~遠距離の間くらいですね。

 

そうなると

ダブルスの場合はシングルスに比べ

体勢が安定していることが多いので

十分な体勢で甘く上がったショットを

打ち込まれてしまう可能性大です。

 

まとめるとロングリターンは

ストレートをクロス奥高く

クロスをストレート奥高く

の返球を意識します(^^)/

 

その為スナップの強化

日々行っていきましょう。

 

 

ドライブリターン

ダブルス中では一番多いリターンになります。

基本的にはスマッシュ等で

攻められているときには

ドライブリターンで対応していきます。

 

ここで意識するポイントは

👆鋭く・速くリターンする

👆ラケットの面

になります。

 

流れとしては

①相手のスマッシュを

ドライブリターンで返していく

     ↓

➁徐々にドライブで詰めていく

     ↓

③甘く浮いたシャトルをプッシュで叩く

といった流れになるのですが

 

鋭く・速くリターンをしていかないと

ドライブで攻めに転じる前に

攻め抜かれてしまい

逆にプッシュを打たれる可能性があります。

 

また鋭く・速いリターンをする為には

ラケットの面で常に正確に

シャトルをとらえる必要があります。

 

なのでラケットを下げずに

面を素早く作って

肘を支点にして弾くようにしていきます。

 

そのまま手首のスナップでコースに

打ち分けていきましょう。

 

これができれば

そのままドライブで攻め崩して

プッシュで押し込めるので

ダブルスとしての得点力が上がりますよ(^^)/

ドライブを強く速く打つ方法!

 

 

 

まとめ

ここまでダブルスでのレシーブについて

いろいろとお伝えしてきました。

 

私もバドミントンを始めたころは

基本的にダブルス専門でやっていて

後にシングルスを中心にやっていたのですが

 

シングルスとダブルスでは

レシーブのとらえ方や使い方が

場面場面で異なってきます。

 

なのでレシーブはレシーブと

簡単にとらえてしまうと

痛い目を見るかもしれません。

 

その為今回お伝えした

ダブルスにおけるレシーブと

シングルスにおけるレシーブを

きちんと理解したうえで

練習に取り組んでみてください(*^^)v

きっとプレーの質が変わってくると思います。

 

以上、ダブルスのレシーブ徹底強化についてでした!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました