スポンサーリンク

バドミントンのレシーブを徹底強化(シングルス編)!練習法やポイントを初心者向けに解説!

バドミントン

皆さんはレシーブの打ち方

しっかりと理解したうえで

レシーブを打っていますか?

 

バドミントンの中で攻めはスマッシュ

守りはレシーブというイメージがあります

そのイメージはおおよそあっています。

 

自身がスマッシュを打つように

当然相手もスマッシュを打ってきますからね(‘ω’)ノ

 

しかし最近のバドミントンラケットは

どんどん機能性が向上してきています。

 

相手の打ってくるスマッシュがどんどん速くなり

コースを狙いやすくなっているので

スマッシュを打たれる側からしたら

たまったもんじゃありません(´;ω;`)

 

そこでなおのこと守りである

レシーブの精度が求められるわけです。

 

ですがレシーブが返せなかったり

そもそも反応できなかったりする人が多いです。

それが失点となるわけですね((+_+))

 

ここでレシーブがきっちりと返せる方は

相手のミスを誘うことができますし

余裕があればレシーブを打ち分けることも可能です。

 

相手のミスが増えればおのずと自身に得点が入るので

勝利へ一歩近づくことができますね(‘ω’)ノ

試合の中では非常に大切な1点です。

 

レシーブの精度がいかに重要か

分かっていただけたかと思います。

 

そこで今回

レシーブを強化する方法やポイント

練習法を徹底解説していきます。

初心者の方だけでなく経験者の方も

必見のポイントになるので

是非ご覧ください(^^)/

今回はシングルスに焦点を当てて

お伝えしていこうかと思います。

 

※ダブルスに関しても別記事で

徹底解説しているので参考までに

レシーブを徹底強化(ダブルス編)!ドライブリターンを極めて上手に攻めに転じよう!
バドミントンのダブルスにおいて レシーブは試合を左右する 非常に重要なショットになります。 またシングルスよりも レシーブの頻度も多いので ミスをしやすいショットでもありますね。 その為試...

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

レシーブをするためには

まず、レシーブをするにあたって

必要となるポイントをいくつかお伝えしていきます。

まずリターンのパターンや練習法の前に

抑えておくべき基本的なことだと

思ってもらうと良いです。

 

ラケットの位置

まずラケットの位置からです。

基本的にはラケットを自身の正面で

胸の高さに構えます。

ココですね(^^)/

 

スマッシュのコースに応じて

ラケットの位置は微妙に変わってきますが

基本はココになります。

 

ラケットの面のバックハンド側を

やや斜めに相手に向けて

ラケットを水平からやや曲げて

ラケットヘッドを相手コートに向けましょう。

 

 

構え方

構え方はラケットの位置に通ずるところはありますが

ラケットを体の正面で構えます。

 

この時足は肩幅よりもやや広く開き

つま先も合わせて外に開きましょう。

 

そのまま

両膝と股関節を軽く曲げた状態で

腰を少しだけ落としておきます。

腕はラケット合わせて体の正面に位置させ

前方でシャトルをさばけるように準備しておましょう。

 

まとめると

こんな感じになります。

画像よりもやや腰は落としておきましょう。

そうするとより速いショットに対応しやすいです。

 

 

予測

基本ではありますが相当大切な部分です。

スマッシュのコースは大きく分けて4つあります。

フォア側へのスマッシュ

バック側へのスマッシュ

自身の正面へのスマッシュ

クロススマッシュ

ですね(^^)/

 

細かく分けると

少し高めの奥まで伸びるスマッシュ等

いろいろとあるのですが

大きく分けると4つに絞ることができます。

 

このスマッシュを相手がどこに打ち込んでくるのか?

相手の体勢やストロークから見極めなければなりません。

 

予測して構えることができれば

よりリターンをコースに返したり

カウンターを打つことができたりと

相手もスマッシュが打ちにくく

攻めにくいというイメージを与えることができます。

 

目線

☑構える速さ

☑利き足への踏み込み方

、、、etc

 

見極め方は様々ですが

そこを利用してフェイントをかけてくる

といった場合もあるので注意が必要です。

 

 

では具体的にレシーブの種類と返し方を

お伝えしていきます。

 

 

ショートリターン

ショートリターンは

相手のスマッシュを

相手ネットの前に落とすリターンになりますが

理想は相手のネットぎりぎりに

シャトルを少し山なりにして返すのが理想です。

こんなイメージです。

 

なのでシャトルスピードは遅めに返します。

シャトルを横よりもやや前でタッチする

といったイメージで覚えましょう。

 

基本的にストレートに返すことが多いかと思いますが

ショートリターンをクロスへ返球するには

ストレートにリターンするときよりも

さらに前外側でシャトルをとらえて

手首で返すように方向を変えて運びます。

その為より速い反応が求められますね。

 

慣れてくれば

ストレートスマッシュはクロス

クロススマッシュはストレート

と返していき相手の一番遠いところ

も目標に返しましょう。

 

これも予測ができて

余裕があるときに行うと良いです。

 

余裕がないときや

相手のスマッシュがコースに打ちこまれた時は

腰と膝をひねり飛び込んでシャトルを取りましょう。

 

 

また、フェイントを多用してくる選手や

ネット前がうまい選手は

逆に相手の得意なプレーに

持ち込まれてしまう可能性があるので

逆に球足を伸ばして速い返球を心がけましょう。

こんな感じですね。

ラケットの面を当てて

腕全体で前に押し出すようなイメージでの

リターンを意識すると返しやすいです。

 

そうすると

相手選手はネット前でシャトルを触れないので

前に落としてくるか

再度ロブを上げてくるか、、、etc

とある程度ショットが絞れてきます。

 

しかしこの時に

シャトルが浮いてしまうと

簡単にプッシュを打ち込まれてしまうので

注意が必要です。

 

またショートリターンばかりだと

相手にリターンを予測されてしまい

前に詰められてプッシュを

打ち込まれてしまいます。

 

そこでロングリターンとドライブリターンとを

使い分けていく必要があります。

 

それぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク


 

ロングリターン

スマッシュを相手コートの奥まで返す

といったショットになります。

 

スマッシュを打ち込まれると

基本的に腕でラケットを振らずに

主に手首のスナップで返すことが多いです。

 

その為、ロングリターンとなると

よほど手首が強いか

相手のスマッシュが遅いか

予測して動けていないと

ロングリターンは返しにくくなります。

 

その為余裕がないときは

むやみやたらとロングリターンに

しないようにしましょう。

 

ただロングリターンはレシーブの中に織り交ぜると

絶大な効果を発揮することがあります。

 

ショートリターンで続けて返している中で

急にロングリターンで返球すると

相手はプッシュの体勢に入っているので

大きく体勢を崩すことができ

逆に攻め込むチャンスを作ることができます(^^)/

 

使えるときには使っておくと

相手も警戒してくるので試してみましょう( ゚Д゚)

 

中国の英雄であるリン・ダン選手

よく使用していますね(‘ω’)ノ

 

 

ドライブリターン

ドライブリターンはその名の通り

スマッシュをドライブ気味に返球するショットです。

こんな感じですね。

 

球足が長いショートリターンにも見えますが

ショートリターンよりも

スピードを意識して打ちましょう。

 

そしてドライブリターンは

自身の余裕があるときや

相手のスマッシュが甘く入ってきたとき

カウンターのようにして

コースに打ち返していきましょう。

 

相手はスマッシュを打ってきているので

ドライブリターンで返されると

続けて攻めにくくなるので

非常に効果的です。

 

またこの時にラケットの振りは

できるだけコンパクトにします。

手首のスナップを目一杯効かせましょう。

 

 

スポンサーリンク

レシーブ練習法

では実際にレシーブ練習の方法を

具体的にお伝えしていきます。

 

ショートリターン練習法

ストレートとクロスに

それぞれスマッシュを打ってもらい

コースを見極めてショートリターンをしてきましょう。

 

アウトはちゃんとアウトでスルーしていきます。

ちょうど良い練習動画があったので参考までに(‘ω’)ノ

 

慣れてくればこれを

ストレートとクロスにそれぞれ

リターンをしていきます。

また緩やかなネットぎりぎりの返球

少し球足を伸ばした返球

パターンとして練習しておきましょう。

 

 

ロングリターン練習法

ロングリターンも同様に

スマッシュを打ってもらい

ストレートとクロスにそれぞれ

ロングリターンをしていきます。

またパターン練習として

高く奥に返球するショット

低く速く奥に返球するショット

分けて練習しましょう。

 

これをフォア側バック側それぞれ行います。

 

そして腕で振らずに

手首のスナップで返すように心がけましょう。

 

 

ドライブリターン練習法

ドライブリターンでは

奥に返球するというよりは

スピードを重視して

鋭く浮かないような返球を心がけて

ストレートとクロスにそれぞれ打っていきます。

ドライブリターン練習は特に

左右のコースを意識して練習していきます。

 

相手を横切るようにドライブを打つ印象でうつと

分かりやすいかと思います。

ドライブリターンから

ドライブ練習も併せて行うと

より実践的にラリー練習ができます。

 

ドライブの打ち方やコツはこちらから↓

ドライブを強く速く打つ方法を徹底解説!

 

 

まとめ

これまでシングルスのレシーブについて

いろいろとお伝えしてきました。

 

レシーブ練習はスマッシュやプッシュ練習よりも

大事にしておく必要があると

個人的には感じています。

 

レシーブ一つで

相手のミスを誘うこともできれば

逆に得点につなげることもできるので

今回お伝えしたポイントを

念頭に置いて練習に取り組んでください。

きっとプレーの質が上がりますよ(^^)/?

 

以上、レシーブの強化についてでした!

 

この記事がすべてのレシーブに悩む

バドミントンプレイヤーのためになれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました