スポンサーリンク

カットスマッシュの打ち方を徹底解説!必殺ショットの使い方をマスターしよう!

バドミントン

スマッシュには様々な種類がありますが

皆さんはどんなスマッシュを使っていますか?

ジャンピングスマッシュをよく使っている人が

多いかと思います。

 

ジャンピングスマッシュは

バドミントンの花形ともいえるショットです。

決定打にもなりますね(^^)/

 

ジャンピングスマッシュについても

徹底解説しているので

気になる方はご覧ください↓

ジャンピングスマッシュの打ち方を徹底解説!

 

 

そしてスマッシュにはもう一つ

決定打となるスマッシュがあります。

 

それが

カットスマッシュ

リバースカットスマッシュ

になります。

 

世界の一流選手たちはよく使っています。

桃田選手もリンダン選手も使っていますね。

特にシングルスの場合は

決定打を狙えるショットになります。

 

通常のスマッシュと

カットスマッシュを使い分けることで

攻め方の幅が見違えるほど広がります(*^^)v

 

そこで今回

カットスマッシュ

リバースカットスマッシュの打ち方と

コツを徹底解説していこうかと思います。

 

初心者の方から経験者の方まで

為になる実践的な内容なので

是非参考にしてみてください(^^)/

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

カットスマッシュ

まずカットスマッシュとは

どんなショットなのかをお伝えしてきます。

通常のスマッシュは

ラケットで正面からシャトルをとらえ

相手コートにさすように打ち込みます。

 

それに対しカットスマッシュは

ラケットの面でシャトルを斜めにとらえて

シャトルを滑らせるように切って打ちます。

 

イメージとしてはカットドロップ

イメージしてもらうと分かりやすいです

 

カットドロップの打ち方はこちらから↓

カットドロップの打ち方を徹底解説!

 

 

そしてカットスマッシュは

文字通りカットがかかっています。

その為シャトルが相手コートを超えると

スピードが減速していきます。

 

球足が急激に短くなるため

相手が反応できなかったり

相手の体勢を崩したりすることができます。

 

スピードは通常のスマッシュよりやや劣ります

きれいに打つことができれば決めに行くショット

としてもかなり使えるので非常におすすめです。

 

通常のスマッシュとの使い分けができれば

それだけでフェイントがかかり

相手は通常のスマッシュなのか

カットスマッシュなのかが分からないので

攻めのバリエーションが増えて

得点力の向上につながるわけですね(^^)/

 

シングルスの方は

特に積極的に使っていきましょう。

 

 

打ち方

実際に打ち方に移っていきます。

先ほどもお伝えしたように

カットスマッシュというだけあって

スマッシュにカットをかけていきます。

減速しているのが分かりますね(^^)/

理想は上記動画のようなストロークなのですが

このように打つにはポイントがあります。

 

それが

👆親指の使い方

👆ラケットの面の当て方

のポイントです(^^)/

 

カットドロップを打つようなイメージで

ラケットの面を当てていくのですが

 

スピードを意識したいときは

ラケットを少し起こして滑らせて

カットを強くかけたいときは

ラケットを少し寝かせて

シャトルをとらえるイメージで打つと良いです。

 

そして実際にシャトルをとらえるときに

親指を少し上にあげるようにしてあげる

よりカットスマッシュが

打ちやすくなります(^^)/

 

このポイントを念頭に置いたまま

動画のようにまずはストレートから

次にクロスに打っていきましょう。

 

ちなみに

ストレートに打つときは

打点は手を伸ばして届かないくらい

クロスに打つときは

ストレートよりも

高い打点を意識しましょう(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

リバースカットスマッシュ

リバースカットスマッシュは

カットスマッシュに比べて

やや難易度は高いですが

フェイントの効果は非常に高く

相手が引っ掛かりやすいショットです(‘ω’)ノ

 

リンダン選手も時々使っているショットですね。

相手も反応できていませんね(^^)/

確かにこれは取れないと思います(笑)

 

一流選手でもきれいに決まれば

反応することも難しいショットなので

是非、自身のショットの

レパートリーに加えていきましょう。

 

では実際に打ち方を見ていきます。

 

 

打ち方

リバースカットスマッシュは

通常のカットスマッシュと異なり

ラケットの面を自身の体の外側を向くようにして

シャトルをとらえていきます。

 

小指側から手首を外に向けるイメージですね(^^)/

 

またポイントとしては

👆手首を意識しすぎない

👆親指と人差し指の使い方

ですね(^^)/

 

リバースカットスマッシュを打つときに

手首を返しすぎている人をよく見かけます。

リバースを打とうとしすぎている感じですね( ゚Д゚)

 

これではラケットの面で

しっかりシャトルをとらえられないので

そもそもスマッシュにならなかったり

フレームにあたってしまったり

サイドにそれ過ぎてアウトになったり

とリバースカットスマッシュを打つことで

逆に失点してしまいます。

 

その為手首を返し過ぎずに

小指側から手首を外側に向けるようにして

返していきましょう。

これをスイングの中で自然に行っていきます。

 

またシャトルをとらえるときには

通常のカットスマッシュとは違い

親指と人差し指を少し緩く握りましょう。

小指側でしっかりラケットを把持し打っていきます。

 

これをストレート、クロスでそれぞれ打っていきます。

私個人としてはストレートに

リバースカットスマッシュを打たれると

反応できないことがあるので

リバースカットスマッシュを打つときは

ストレートに打ち込むことをお勧めします(^^)/

 

 

 

まとめ

これまでカットスマッシュについて

お伝えしてきました。

カットスマッシュと

リバースカットスマッシュの打ち方を

覚えるだけで攻撃のバリエーションが広がります。

 

そうすると相手はショットを絞ることができず

勝手にフェイントに引っ掛かってくれたり

足を止めてくれたりします(^^)/

 

初心者の方でも経験者の方でも

これは非常に大きな武器になります。

是非スマッシュだけでなく

カットスマッシュという

選択肢を手に入れて見てください

シングルスだけでなくダブルスでも

プレーが変わっていきますよ(*^^)v

 

以上、カットスマッシュの打ち方についてでした!

 

この記事がすべての悩めるバドミントンプレイヤー

のためになることを願います。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました