スポンサーリンク

ジャンピングスマッシュの打ち方のポイントとコツを徹底解説!超攻撃的なショットでエースを狙おう!

バドミントン

スマッシュの中でも

ジャンピングスマッシュは

かなりの身体的負担がかかります。

 

しかし

決定打としてこれ以上のものはなく

相手に相当なプレッシャーを与えることもできます。

ジャンピングスマッシュを世界の一流選手が

こぞって使っているのがその証拠ですね(^^)/

 

初心者の方はジャンピングスマッシュと聞くと

難しい、、、(´;ω;`)

上手く打てない、、、。

という方が多いかと思います。

 

私も昔はジャンピングスマッシュが打てず

よくコーチと先輩に教えてもらっていました(^^)/

ポイントを抑えることができるだけで

打ち方がかなり変わってきます。

 

得点力アップにもつながりますね(^^)/

 

そこで今回

初心者から経験者まで必見の

ジャンピングスマッシュを打つ際の

ポイントを徹底解説していきます。

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ジャンピングスマッシュの種類

 

まずジャンピングスマッシュといっても

いろいろなパターンがあります。

大きく分けて

足を入れ替えるパターン

足を入れ替えずそのまま打つパターン

両足をそろえて飛ぶパターン

の3パターンに分かれます。

 

 

①足を入れ替えるパターン

通常のストロークから空中で足を入れ替えるパターンが

一般的に使われることが多いかと思います。

 

角度がつけやすくコースも狙いやすいですが

ショット後の反動もあるので

ショットはできるだけコンパクトにする必要があります。

 

 

 

➁足を入れ替えないパターン

一般的にはサイドジャンプスマッシュともいわれていますね(^^)/

体の入れ替えを行わず肩から腕を中心に使うショットで

桃田選手もよく使っていますね(*^^)v

 

 

③両足をそろえて飛ぶパターン

バドミントンではこれが花形になっていますね(^^)/

最も高い打点で打つことができ

打点、威力、速度

どれをとっても最高峰のショットですが

きちんとした時間と余裕があるときに打てるショットですね。

 

 

基本的な打ち方に移ります。

 

 

スポンサーリンク

基本的な打ち方

先ほどお伝えしたパターンで

基本的な打ち方をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


 

①足を入れ替えるパターン

足を入れ替えるパターンでは

👆右足への重心移動

👆左手の位置

がポイントになります。

 

しっかりと右足へ体重を移動させ

地面を強く蹴りだします。

これがジャンプの高さを決めるので

何度かジャンプのタイミングと

高さを反復練習しておきましょう。

 

また

この時に足が開きすぎないようにしましょう。

 

 

そして実際にストロークをしていくときには

左手をしっかりと引いていきましょう。

力がうまく伝わるようになり

スマッシュの速度アップにつながります(^^)/

 

 

➁足を入れ替えないパターン

足を入れ替えないサイドジャンプスマッシュでは

フォア側とバック側でよく使いますが

👆スピーディーなショット

👆体幹筋力

がポイントになります。

 

サイドジャンプではジャンプこそしていますが

さほど高さは出ません。

ジャンプの高さではなく質を上げていきましょう。

その為には体幹筋力がものをいいます。

 

空中でしっかりとブレることなく

体を保つことができるだけの体幹筋力を

つけていきましょう。

その為の体幹トレーニング方法はこちらから↓

バドミントンで強くなるための体幹トレーニング!

 

 

そして

先ほどもお伝えしましたが

高さがさほど出ないので

打点を気にしたり、角度をつけることをせずに

ショットのスピードに重きを置いていきます。

決めに行くショットというよりは

相手を崩すためのショットですね(^^)/

 

 

 

③両足で飛ぶパターン

両足で飛ぶパターンのスマッシュでは

👆膝の使い方

👆ジャンプ力の工夫

がポイントになります。

 

前提として

しっかりと余裕があるときに

決めに行くショットとして

打つ形になります。

 

ジャンプの姿勢に入るときに

膝の曲がりが浅く

足首の蹴りだけで飛んでいる人がいますが

それではジャンプ力が足りず

サイドジャンプスマッシュとさほど変わらない

打点の高さとなってしまします(;’∀’)

 

その為膝の曲げ伸ばしの力を最大限活用します。

これはスマッシュの速度にも言えることで

シャトルをとらえる瞬間に

膝を曲がった状態からまっすぐピーンと伸ばします。

この反動をつかいスマッシュの速度を

さらに上げていくことができます。

 

そしてジャンプの際には

膝の使い方もそうですが

ストロークする腕を上げる勢いを使い

体を浮かせる助けをしてあげると

より打点が高くなります。

 

上記のポイントを念頭に置いて

ジャンプの精度を上げていきます。

 

 

 

まとめ

ジャンピングスマッシュはバドミントンでは

花形のショットです。

 

ジャンプというのはかなり全身の筋力を使うので

疲労や負担が大きいものとなります。

その為、打ち方のポイントもそうですが

基礎的な体幹筋力がものをいいます。

 

まずは

基本的な体幹筋力トレーニング

その次にジャンプの反復練習

その後にシャトルをとらえる練習

最後にコースごとに打ち分ける

といった段階分けをしていきましょう。

 

この地道な練習が

ジャンピングスマッシュの精度を上げ

シャトルの速度を上げていき

結果的に得点力アップにつながります。

 

初心者の方は難しいからといって

あきらめる必要はありません。

今回お伝えしたポイントを念頭に置いて

練習に取り組んでいきましょう(^^)/

 

以上ジャンピングスマッシュについてでした!

 

この記事がすべての悩める

バドミントンプレイヤーの為になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました