スポンサーリンク

バドミントンのドロップとカットの打ち方を徹底解説!浮かないためのポイントもお伝えします!

バドミントン

皆さんはドロップカットの使い分けをしていますか?

上手い人や一流選手はきちんと場面に応じて

使い分けているのを目にします。

緩急のついたあのショットは憧れますよね(^^)/

 

 

ドロップやカットドロップは

バドミントンにおいて

攻めのショットに分類されます。

前に落とし相手を崩しにかかるショットですね。

 

 

ドロップとカットドロップの使い分けができると

攻めのバリエーションが増えてきます。

そうすると相手から見たあなたは

すごく強い相手に見えるわけです。

キレイに決まれば反応できないときもありますからね。

 

 

そういったように使い分けることで

相手にプレッシャーを与えたり

ショットの打ち分けで相手のミスを誘ったり

相手のプレーにも影響を与えることができるわけですね。

 

それだけでなく自身の攻め方までもが

大きく変わってきます。

 

そうすると

ライバルに差をつけたり

レギュラーを勝ち取ったり

憧れのあの人にまで勝てるかもしれません。

 

 

初心者の方は比較的取り掛かりやすく

慣れれば打ちやすいショットなので

是非、新たな選択肢として

ドロップ&カットドロップを磨いていき

 

ドロップではあいつに敵わない(´;ω;`)

あいつのドロップでよく点を取られる( ;∀;)

といわれるようなりましょう。

 

 

そこで今回は

ドロップとカットの基本的な打ち方と

打つ際のポイントについて

初心者~中級者向けに徹底解説していきます。

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ドロップ

ドロップは上記のようにネット前ギリギリを狙って

相手の前に落とすようなショットになります。

 

 

通常のドロップは

最近の試合では使われる頻度が

だんだんと少なくなっていますが

 

速い展開が続く中では

こういったショットを取り入れていくと

相手は驚くほど引っ掛かってくれます。

 

これがドロップの一番の魅力でもあります。

 

中国の英雄的選手であるリン・ダン選手も

バック奥からの山なりドロップをよく使いますね。


結構いろいろな一流選手が引っ掛かってますよ(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

カットドロップ

カットドロップには様々な種類があります。

 

☑ラケットの面で斜めに切るようなカット

☑手首を親指側から返して打つリバースカット

☑ラケット面を縦に切るようなカット

☑チョップカット、、、etc

数えるだけで様々あります。

 

ここでは試合中よく使用されている

斜めに切るカットリバースカット

を中心にお伝えしていきます。

 

カットドロップの弾道

斜めに切るカットは比較的ポピュラーで

既に使っている人も多いかと思います。

シャトルの弾道としては、、、

こういう打ち分けになってきます。

ほとんどがクロスに打っている人が多いですね。

 

 

 

リバースカットは一流選手もよく使っており

カットの中ではかなり有効打となります。

先ほどのカットとは逆の弾道ですね。

 

リバースカットはマレーシアの英雄的選手

リーチョンウェイ選手は結構使っていて

この動画の

0:30~

1:09~

1:56~

からのラリーはまさにリバースカットが

キレイに決まった例なので参考までに。

 

桃田賢斗選手はたまに使いますね(笑)

 

 

上記の動画を見てもわかるように

ただリバースカットを打つだけでも

同じフォームであれば相手は

一瞬足を止めてくれます

相手を崩すときにはもってこいのショットになります。

 

 

 

基本的な打ち方

では基本的なドロップとカットドロップの

打ち方をポイントと合わせて解説していきます。

是非、浮かないドロップの使い分けをしてみてください(^^)/

 

 

ドロップの打ち方

ドロップの打ち方は大きく分けて

👆手首でシャトルを巻き込むように打つやり方

👆ラケットの面でまっすぐとらえるやり方

の2パターンがあります。

 

どちらでも構いませんが

最初にやりやすくミスが少ないのは

ラケットの面でまっすぐとらえる方法です。

なので初心者の方が最初に練習する方法としては

こちらをお勧めしますね。

 

 

ドロップでは基本的に

シャトルの軌道が山なりになるように意識しましょう。

シャトルの速度はゆっくりで大丈夫です。

 

 

できるだけ山なりでふんわりと相手のネット前に落ちると

シャトルの球持ちがなく減速していくので

速いショットに対し構えていた相手に対して

すごく効果的なショットになります。

 

 

再度言いますが

ショットの速度はいりません。

ポイントとなるのは

いかに山なりをふんわりと作れるかです(^^)/

この動画よりもう少し山なりでも良いかと思います。

ふんわり具合はこれくらいでOKです(‘ω’)ノ

 

 

そしてふんわりドロップに慣れてくれば

打ち方を使い分けても構いません。

ラケットの面でまっすぐとらえると

より山なりにシャトルが飛んでいきます。

 

逆に手首で巻き込むように打つと

シャトルの球持ちが少し長くなるので

やや速めに打ち出してあげましょう。

 

ただし

手首を使うとややシャトルが浮きやすくなるので

使い分けるときは注意が必要です。

 

 

上記のポイントを押さえて

ドロップだけでも打ち方を変えていき

ショットに緩急をつけて

相手にショットを絞らせないようにしましょう。

スポンサーリンク


 

 

カットドロップの打ち方

カットドロップは通常のドロップと打って変わって

少し速いストロークで打ち出していきます。

 

こちらも打ち方にパターンがあり

👆手首で素早く切って打つやり方

👆手首よりも肩を意識して打つやり方

があります。

 

一般的に手首で切るように打っているひとが多いですが

手首よりも肩をイメージしてあげると

カットが打ちやすくなります。

その為、まずは練習段階として

肩を意識してカットを打っていきます。

 

ポイントとしては

肩全体をしっかり回すように

大きなストロークでシャトルをとらえる

というところにあります

手首に力を入れすぎず腕全体で振るイメージですね。

 

それをストレートとクロスにそれぞれ打ち分けていくのですが

ストレートの場合はラケットをやや外側に振るイメージ

クロスの場合は正面からやや内側にかけて振るイメージ

でシャトルをとらえていきます。

下手くそな絵ですが

伝えたい事はこんな感じです(´;ω;`)ww

 

この時にラケットの面を斜めにして

シャトルをとらえることを忘れずにしましょう。

 

 

 

これに慣れてくると実際に手首を入れていきます

よりカットに緩急をつけるためですね(^^)/

 

ここでのポイントは

少しラケットを遅らせてあげる

というところにあります。

 

え?ラケットを素早く振るんじゃなかったの( ;∀;)?

と思っている方はご安心ください。

 

ここでいうラケットを遅らせるというのは

ラケットのスイングスピードを遅らせるのではなく

ラケットが肩より前に出てくるのを遅らせる

という意味です(^^)/

 

 

手首でシャトルを切るときに

ラケットスピードが速すぎると

フレームショットになりやすいです。

 

その為

少しラケットを遅らせてあげると

ミスが少なく打てるようになります。

 

ここを意識して実際にクロスカットを打っていきます。

 

 

リバースカットの打ち方

リバースカットは意外と簡単で

ラケットの面が外側を向くように手首を返しながら

ストレートとクロスに打ち分けていきます。

 

打ち分け方に関して

ストレートでは高い打点ではなく

自身の正面で腕を伸ばして手が届かないくらい

を目安に打っていきます。

 

クロスではストレートよりも

比較的高い打点でシャトルをとらえるようにしましょう。

 

このポイントを抑えると意外と簡単にできますよ(^^)/

個人的にはストレートのほうが

相手の足を一瞬止められるのでお勧めです(笑)

 

 

 

まとめ

ここまでドロップについてお伝えしてきました。

これまでのポイントに共通していることですが

 

ドロップやカットドロップを打つ際に

いきなり手首を使って練習すると

変な癖がついたり

甘く打ってしまったりする原因になります。

 

もちろん手首をうまく使い

カットやドロップを打ってきれいに決まれば

しっかりと緩急がつき

相手選手も引っ掛かってくれると思います。

 

しかし

手首を使う前にまずは肩全体をしっかりと振ってあげて

シャトルをとらえる感覚を身につけましょう。

そのあとに手首がしっかり使えるようになれば

様々なバリエーションを持った攻撃が

できるようになると思います。

 

私も現役時代はそうやって教えられてきました(笑)

 

 

今回お伝えしたポイントを

しっかりと抑えていただいて

練習に取り組んで見てください(^^)/

 

今後の試合運びが見違えりますよ?

 

この記事がすべてのドロップとカットに

悩むバドミントンプレイヤーのためになればと思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました