スポンサーリンク

バドミントンのグリップの握り方の基本を徹底解説!初心者必見のポイントをおさらい!

バドミントン

バドミントンは

ラケットの振り方やフットワークの仕方

体力づくりやショットの練習など

様々な技術や練習が必要になる競技です。

 

その中でもバドミントンを始める方で

一番最初に覚えるのがグリップの持ち方

になるかと思います。

一流選手たちも皆ここから始まりました。

あの桃田選手も最初はグリップの持ち方

から覚えていったことかと思います。

 

簡単なことかと思われがちですが

グリップの持ち方ひとつで

ショットの質やラケットワーク

試合運びや勝敗にまで影響することがあります。

 

 

その為

初心者のうちにグリップの握り方を

抑えておく必要があるのです。

 

最近のラケットは次々と改良がされており

次々とグリップが握りやすくなったりなっているので

尚更最初が大切になるのです。

 

もちろん中級者の方でも

まだ修正は可能だと思うので

握り方を見直したいという方も

十分間に合うと思います。

 

そこで今回

プレーを左右するグリップの握り方

徹底解説していきます。

初心者~中級者の方は

是非一度ご覧ください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

グリップの握り方のポイント

まずグリップの握り方をお伝えする前に

グリップの構造と握る際の重きを置くところ

簡単なポイントをお伝えしていきます。

 

※グリップの底     ※握るポイント

 

まずグリップを握る際には

グリップの形を見ていく必要があります。

 

どのラケットも基本的には8角形になっていますが

フォアハンドの握り

バックハンドの握りでそれぞれ

指や手の位置が微妙に変わってきます。

大体番号で振り分けて教えている人が多いですね(^^)/

 

そして手の写真を見てもらうと分かるかと思いますが

基本的には小指球や小指側でラケットを把持し

親指側はラケットの微妙な操作で合ったり

シャトルをとらえるときに使用します。

 

よく

「力を入れるのは小指だけ!」

と教えてもらっていました(笑)

 

もちろんバックハンド等では

親指での操作や押し出しを使うので

一概にそれだけとは言いづらいのですが

基本的には

👆握りは小指側

👆操作は親指側

でイメージしてもらうと分かりやすいですね(^^)/

 

スポンサーリンク

握り方の種類

グリップの握り方には大きく4種類あります。

ウェスタンハンドグリップ

セミウェスタンハンドグリップ

イースタングリップ

コンチネンタルグリップ

です(^^)/

 

ウェスタンハンドグリップは

シングルスではあまり使用しない握り方だと思います。

シングルスでこれで握ってしまっている方は

握り方を見直す必要があるかと思います。

 

セミウェスタンハンドグリップは

ウェスタンハンドグリップよりも

やや外側を握る方法で

以前はこの握り方が主流になっていたそうな(笑)

知らなかったですが

そんな時代があったんですね(笑)

 

 

イースタングリップは昔からあるような握り方で

指導者が高齢の方だったりすると

この握り方をご指導されている方もいらっしゃいます。

もちろんこの握り方も正解であり

イースタングリップの方でものすごく強い方も

たくさんいらっしゃいます。

従来の握り方といったところです(‘ω’)ノ

 

 

それに対しコンチネンタルグリップは

従来のイースタングリップとは若干違う握り方です。

私自身も学生時代はこれで教えられました。

個人的にはコンチネンタルグリップのほうが

利点が多いと思うのでおススメです。

 

 

今回は現在主流となっている

イースタングリップとコンチネンタルグリップ

を中心に利点とポイントを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


 

 

イースタングリップ

フォアハンド

フォアハンドでは先ほどお見せした

グリップの底では①~③までを目安に

握ります。

黒く塗っているところですね(‘ω’)ノ

 

➁の周囲に親指と人差し指の間の

水かきの部分を当てていきます。

 

次に③の周囲に小指球をあてがいます。

 

 

そうすると、、、

 

こんな感じになります。

安定感はありますが親指側がよりフォア側によっているので

少し指での操作がやりにくくなります(;’∀’)

 

 

バックハンド

①~②と①~⑧あたりを使用します。

ここですね(^^)/

 

親指と人差し指の水かきを①~⑧に

小指球を①~②のあたりに置きます。

 

 

すると、、、

こんな感じになります。

バックハンドではこれがおすすめです(‘ω’)ノ

👆手首の動きがスムーズに行える

👆指の操作がしやすい

👆握り込みがしやすい

が私が思いつくメリットですね(*^^)v

 

 

 

 

コンチネンタルグリップ

フォアハンドではこれが個人的におすすめです。

グリップでは①~②あたりを使用します。

ここですね(*^^)v

 

親指と人差し指の水かきを①の周囲に

小指球を①~②の間に置きます。

 

すると、、、

 

こんな感じになります(^^)/

 

フォアハンドでは個人的にこれを推しています。

👆指の操作がしやすい

👆持ち替えがしやすい

メリットはこんなものでしょうか?

 

 

 

 

ウェスタンハンドグリップ

ドライブを打つ際には基本的に

ウェスタンハンドグリップになります。

親指を⑦~⑧に

小指球を①~⑧に置きます

 

 

すると、、、

こんな感じですね(‘ω’)ノ

 

親指でラケットを押しだしやすいので

ドライブに適しています。

 

まとめ

これまでをまとめると

フォアハンドではコンチネンタルグリップ

バックハンドではイースタンバックグリップ

が管理人的にはおすすめになります。

 

ご指導をされる方や

実際に握り方を見直す方

握り方を覚える方は

お伝えしてきたことを

是非参考にしてみてください(‘ω’)ノ

 

またこの握り方をもとに

フォームの解説もしているのでこちらをご覧ください(‘ω’)ノ

正しいフォームを徹底解説!

 

 

 

以上、グリップの握り方についてでした!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました