スポンサーリンク

ドライブを速く強くする必須ポイントを徹底解説!初心者必見のバドミントンバイブル!

バドミントン

ドライブは数あるバドミントンのショットの中でも

かなり速度が速いショットで

ミスをしやすいショットでもあると思います。

 

ダブルスで使用されることが多いドライブですが

結構苦手な方が多いのではないのでしょうか?

 

私も元々ダブルスでずっとバドミントンをしていてよくドライブの速度だったり強さを気にしていました。

 

そこでネットにかかったり

相手のドライブに間に合わず返せなかったり

速い展開に結構苦手意識がありました(´;ω;`)

 

初心者の方は尚更速い展開が苦手なのではないかと思います。

ドライブが速いと攻めに転じやすく

ダブルスではそれだけで攻めに転じることができますね。

 

ダブルスでは攻めたほうが勝つ

といわれているくらいに攻めが重要になります。

 

ということは

ドライブで攻めに転じる技術を手に入れれば

ダブルスでも二人揃って強くなれるので

今後の大会や試合で勝ち進める

きっかけになるかと思います。

 

そこで今回

ドライブを速く強くする方法と題して

初心者で抑えるべきポイントを徹底紹介していきます!

初心者の方は必見なのでぜひご覧ください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ドライブの種類

まずドライブの打ち方は大きく分けて3つのパターンがあります。

フォア側でのドライブ

バック側でのドライブ

体の近くでのドライブ

ですね(‘ω’)ノ

 

ドライブの応酬ではかなりスピーディーに

この3つを打ち分けなければなりません。

まずはこの打ち分けでの体の使い方や

ラケットワークについてお伝えしていこうかと思います。

 

 

スポンサーリンク

フォアドライブの基本

基本的にフォア側のドライブでは

ラケットを持っている側の足に

重心を移動させます。

その状態から腰を引くようにひねり

ラケットが下がりすぎないように構えます。

 

そのまま腰のひねりながら

肩関節肘関節手首のスナップ

の順で運動をしていきシャトルを捉えます。

 

そして打った後は

次のドライブを打つために

ラケットを最後まで振り抜かず

自身の体の前で止めるようにしましょう。

 

 

強く打つポイント

フォア側のドライブを強く打つためには

👆 腰のひねり

👆スナップの使い方

が大きなポイントなります。

 

スピーディーなドライブショットに対し

大きなモーションで打ち返すと

初球は返せてもドライブの応酬になり

次のショットに間に合わなくなり

スピード負けしてしまいます(´;ω;`)

その結果、ミスショットとなり失点につながりますね。

 

ダブルスでは特にこういうミスが続くと

一方的に攻め込まれてしまい

試合にならず負けてしまうこともあります(´;ω;`)

 

ここでポイントである

腰のひねりとスナップが重要になるというわけです。

 

腰のひねりを鋭く速くひねることで

強く速いドライブを打つことができます。

 

 

打ち分け

手首のスナップの使い方で

ストレートへ打ったり

クロスへドライブを打ったり

打ち分けることができます(^^)/

 

強く大きく手首を返すとクロスドライブ

手首の返しを少し抑えるとストレートドライブ

といった具合ですね(‘ω’)ノ

これに関しては自身の感覚もあるので

打ち分けの練習は必ずしておきましょう。

 

以上がフォア側のポイントです。

 

 

バックハンドドライブの基本

バックハンドでも同様に

ラケットは基本的に自身の体の前で構えます。

打ち分けは大きく分けて3つあり

①前腕を大きく返しシャトルを弾いて打つドライブ

②前腕は返さずに打つドライブ

③高い打点・低い打点でのドライブ

に分かれますが

今回は強く速くドライブを打つためには

ということなのでを中心にお伝えします。

 

バックハンドでのドライブでは

サムアップグリップでラケットを握ります。

※サムアップグリップ

 

そのままラケットと肘の位置を

できるだけ水平に保ち

肘関節の伸展前腕の回外

ラケットを振り、シャトルを打ち返します。

この時にガットの面が上や下を向きすぎたり

しないように気を付けましょう。

 

 

 

強く打つポイント

バック側のドライブでは

フォアハンド側よりも体のひねりや

全身の力が使いにくいので

ショットの速度や強さが落ちてしまいがちです。

 

そこでバック側のドライブでは

👆  ラケットの向き

👆  前腕の回旋運動

が大きなポイントとなります。

 

バックハンドでは少しでもシャトルに推進力をつけたいので

ひねりの幅を作るためにラケットのグリップの底を相手に向け

ラケットを水平近くまで傾けることと

肘の伸展と前腕の回外、手首のスナップを使い

シャトルを弾くように打つ。

  

一連のラケットワーク

 

これが大きなポイントとなります。

前腕の回外を最大限利用しシャトルを弾きます。

 

この弾くという感覚が大事なのですが

これは実際にシャトルを打ってみてから

感じて体にしみこませてください(^^)/

 

 

打ち分けのポイント

バックハンドドライブでの打ち分けですが

基本的にストレート方向へのショットになるかと思います。

クロス方向へのドライブはかなり手首のスナップが強くないと

十分な速度で打ち込めないので初心者のかたは

シンプルにストレートの速度と強さを磨いていきましょう。

 

慣れてきたらクロスに挑戦するのも

良いかと思います(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

 

体の近くのドライブの基本

体の近くへ打たれるドライブが苦手ではありませんか?

ここでつまずいている方が多いのではないかと思います。

 

フォアハンドとバックハンドの所でもお伝えしましたが

腋を閉めて肘を下げずにラケットの面を

自身の前もしくはネットの高さよりも上くらいで

グリップを立てて常に構えておきましょう。

これが基本の構えとなります。

この構えからいろいろなラケットワークで

打ち分けていきます。

※グリップを立てて構える

 

ボディへのドライブでは

強く弾くように打ち返すのも良いのですが

一番簡単なのは

ラケットを振るのではなく面を前に向けて押す事です。

 

むやみにラケットを振ると

ドライブに追い付かずフレームに当たったり

次のドライブに間に合わなくなってしまいます。

 

ラケットを振らずに手首を使ってラケットの面を

前に押すことで自然と相手のコートに返ってくれます。

ラケットを振り回さずコンパクトを意識しましょう。

また

体の近くでドライブを打つ際には

グリップは握りこまずに

親指と人差し指でラケットを持ち

シャトルを捉えた瞬間に

ラケットの面がずれないように注意します。

浮きすぎたりネットにかかったりの

原因となってしまいます。

 

この基本を覚えておきましょう。

 

 

強く打つポイント

体の近くでのドライブは

フォア側とバック側に比べ

強く打ち出しにくいというところがあります。

 

その為

ラケットのグリップを持つときは

親指と人差し指で支えるようにして持ち

シャトルを捉えるインパクトの瞬間に

グリップを握りこむようにしましょう。

 

そうすると自然と強い弾く力が生まれ

押すだけでも結構強くドライブを返すことができます。

 

 

打ち分けのポイント

ドライブ自体の打ち分けで

フォア側に打ったり

バック側に打ったりと

いろいろアレンジができますが

 

加えて急に前に落としたり

速度をあえて遅く打ったり速く打ったりと

緩急をつけると相手の虚を突くことができ

攻め崩すチャンスとなります。

 

また自身の打ったドライブが

ネットを超える際に沈み込んできたり

相手のドライブが浮いてきたら

ネット前に詰めてプッシュを狙うようにして

ショットを派生させていくと

より実践的に攻めることができます。

 

永遠に等間隔でドライブを打っても

あまり実践的ではありませんからね( ;∀;)

 

 

 

まとめ

今までのことをまとめると

👆ラケットは高く自身の前で構える

👆手首のスナップと全身のひねりを効率よく使う

👆体の前でのドライブはスナップを使い押すだけ

👆チャンスがあれば詰めてプッシュを狙う

というところがポイントになります。

 

 

ドライブはただ平行に素早くシャトルを打つわけではなく

攻めの起点にしたり相手を押し崩したりできます。

 

速い展開に持ち込めるからこそ

得点を取るチャンスでもあれば

失点しやすいショットでもあります。

 

そこでドライブの基礎を抑えておくと

ただやみくもにドライブを打っている人と

差が出てきて打ち勝つことができます。

 

是非今回お伝えしたポイントを抑えていただき

実践してみてください(^^)/

 

この記事がすべての悩めるバドミントンプレイヤー

のためになるように願っています(*^^)v

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました