スポンサーリンク

ヘアピンのやり方やコツを徹底解説!バドミントン初心者向けの練習法もお伝えします!

バドミントン

ヘアピンというものは

ネット前でのプレーであり

ヘアピンの精度で

試合を大きく左右することもあります。

 

初心者の方はヘアピンの打ち方を

弱く軽く打って

ネットのぎりぎりに落とすショット

と思いがちだと思います。

(※管理人も中学生まではそう思ってました)

 

しかし

実際はヘアピンだけでも多彩性があり

ヘアピンが上手いというだけで

試合を組み立てるショットとして

大きな武器となります。

 

バドミントン初心者の方は

ヘアピンというショットの精度が

必要不可欠になってきます。

あの桃田選手でも

最初に磨いたのはヘアピン

ですからね(^^)/?


そこで今回

初心者必見のヘアピンの基礎から

打ちカのコツやフットワーク

お伝えしていこうかと思います。

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ヘアピンの基礎

まずはヘアピンの基礎について

お伝えしていきます。

 

ネット前を制することができれば

試合をうまくコントロールできますから

まずは大切な基礎から見ていきましょう(^^)/

 

 

ヘアピンの種類

ヘアピンといっても

フォア側バック側の2種類あり

その中でも何通りか打ち方があります。

下から打ったり、高めの打点から打ったり

いろいろありますが

 

簡単に言えば

毎回きれいな体勢でヘアピンが打てるわけではない

ということですね(‘ω’)ノ

どんな状況においても安定して

ヘアピンを打てるようにしておかなければなりません。

そういう意味でも

ヘアピンにバリエーションが必要となります。

 

実際に、バリエーションを持たせる前に

まずは基礎の部分から

実際の打ち方を見ていきましょう。

 

 

基本となる打ち方

ヘアピンの基本的な打ち方では

ポイントが4つあります。

このポイントを念頭に置いて

実際の動きを行っていきましょう。

 

グリップの握り方

ヘアピンに関しては基本的に

指に重きを置いてグリップを握ります

他のショットよりも繊細な操作が求められるので

指の感覚を大切にしましょう。

 

その為、手首と指の操作でショットを打つ

ということが基本になります。

バックハンド側ではしっかりと

親指と手首でシャトルをとらえる

フォアハンド側ではしっかりと

人差し指と手首でシャトルをとらえる

 

とイメージしておきましょう。

 

 

 

ラケットの位置

ラケットを低く構えてしまうと

ヘアピンを打つ姿勢に入りにくく

不用意にしたから打ってしまい

大きくシャトルを上げてしまう

原因となってしまいます。

 

甘く上がってしまうと

相手にチャンスを与えてしまったり

失点へとつながってしまいますね。

 

その為

ラケットを胸の前の高さで構え

シャトルをできるだけ高い打点で

捉えることを心がけましょう。

 

高い打点でとらえると

その分速く相手のコートに入るので

体勢を崩したり

攻めの起点にするときには

もってこいのショットになります(^^)/

 

ただ冒頭でも触れたように

毎回安定した体勢でヘアピンを

打たせてもらえるわけではありません。

 

時には低い打点でヘアピンを

打たなければならない状況があるかと思います。

 

その場合、相手選手はプッシュを狙っている可能性があるので

クロスヘアピンを打つという選択肢も知っておきましょう。

 

 

 

 

ラケットの面の向き

初心者の方は特にラケットの向き

というところが非常に重要になってきます。

 

基本的な面の向きは

水平からやや相手に向かって傾ける程度です。

ここが大きなポイントで

面の向きで成功率が大きく変わってきます(‘ω’)ノ

 

傾きすぎるとネット前に落ちずに

相手の手元に来るただ緩やかなショットになったり

そもそもネットに引っ掛かりやすくなります。

また

水平すぎるとネットを超えないような

ショットになりやすくなります。

 

なので

シャトルを迎えに行くようなイメージで

やや斜め下から滑らせるように

ネットの向こう側へと送り返す

といったスタンスで良いかと思います。

 

 

 

体全体の向きと重心の位置

意外かと思いますが

ヘアピンを打つ際の身体の位置や

重心の位置でシャトルが

ネットを超えるか超えないか

が変わってきます。

 

体の重心が安定しなかったり

体の進行方向に重心が乗っていなかったりすると

シャトルに十分力が伝わらず

ネットに引っ掛かってしまいます。

 

手首だけで打ったり

腕だけ振って打っても

ネットを超えにくいです(´;ω;`)

同時に体全体も使うということですね。

 

なので基本は

進行方向に向かって

しっかり重心を前において

シャトルを捉えるようにします。

 

 

 

ここまでが

ヘアピンの基本的な打ち方になります。

しかし、今までご紹介したのは

あくまで、その場でヘアピンを打つ

といった場合のポイントになるので

 

上記のポイントを念頭に置いて

一連のフットワークの中で

ヘアピンを打つことになります。

 

そしてフットワークも

ヘアピンを成功させるにあたって

重要な要素となってくるので

ポイントを押さえておく必要があります。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

フットワーク

上記のポイントを抑えたところで

実際の動きに入っていきます。

 

まず基本として

ヘアピンを打つ際には

重心を通常の構えより低く落とし

できるだけ平行に移動していきます。

 

この時あまり重心の上下動が大きすぎると

シャトルが浮いてしまったり沈んでしまったり

ネットを超えなかったりします。

 

また

高い重心位置からフットワークをすると

ネット前に踏み込む際に

体が沈み込みやすくなってしまいます。

 

そうなると

ヘアピンのショット自体が安定しなかったり

次のショットへの対応が遅れてしまい

ヘアピンが失点の原因となってしまう可能性があります。

 

なので

低い重心で平行に移動していき

ラケットの位置、面の向き

体の向き、重心位置

を注意しつつヘアピンを打っていきます。

 

これが

実際の動きを交えた

ヘアピンの打ち方になります。

 

そして冒頭でも触れた

バリエーションのあるヘアピン

とありましたが

ヘアピンにはこの基本的な打ち方だけでなく

応用的な打ち方があります。

実際に試合で使ったりもしますね(‘ω’)ノ

 

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク


 

応用的な打ち方

まず初めに

応用的なヘアピンの打ち方は

先ほど解説した基本的な打ち方を

正しく実践できてからにしましょう。

 

変な癖がついてしまうといけないので( ゚Д゚)

 

 

スピンヘアピン

これは日本男子バドミントンのエース

桃田賢斗選手が得意なショットとしても

テレビで取り上げられていましたね(‘ω’)ノ

 

うまくいけばネットインを狙えるショットです。

 

難しいイメージですが

なれてしまえば結構簡単に

打つことができますよ(*^^)v

 

ポイントは

シャトルをとらえる際に

ガットでシャトルを切るように滑らせる

というところにあります。

 

一般的なヘアピンは

やや斜め下から滑らせるように

ネットの向こうに送り返す

といったイメージですが

これよりも速くラケットを滑らせるようにします。

 

また、スピンヘアピンの際に

腕でラケットを振ってしまうと

シャトルが奥に飛んでしまったりしまうので

手首でラケットを操作し

シャトルを切るようにしましょう。

 

実際の動画をみて

動作のイメージをしてみてください(‘ω’)ノ

 

このスピンヘアピンにもバリエーションがあり

前に突き出すようにして切る

正面にスピンヘアピンが打てますし

フォア側やバック側から

対角線のネット前へ切るように打つ

クロスへスピンヘアピンが打てます(‘ω’)ノ

バリエーションを実演している方の映像で

イメージしてみましょう。

 

また

ネットインを狙う場合は

ネット上の白いラインの上半分に

当てに行くような気持ちで打ってあげる

成功確率が上がるので

是非試してみてください(‘ω’)ノ

 

 

リフトネットヘアピン

これは先日開催されていた

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018で

桃田賢斗選手の対戦相手でもある

タイのコシット・フェトラダブ選手が

試合中に使用していた技術です(‘ω’)ノ

リフトネットヘアピンを使用した試合

 

簡単に言うと

少し高めにヘアピンを上げて

ネットすれすれに落とすような

ヘアピンになります。

 

イメージ的には

難しい、、、

上がりすぎて打ち込まれそう、、、

と思われがちですが

ちゃんと正しくできればヘアピンに

バリエーションを持たせることができますし

相手の虚を突くことも可能です。

 

ポイントとしては

シャトルを少し早めにとらえて

下からすくい上げるようにする

というところにあります。

この時に

ラケットの面が相手に傾いてしまうと

相手に向かって甘く浮いてしまうため

ほとんど水平にガットを向けるようにしましょう。

 

ヘアピンの基本的な打ち方でお伝えした

打ち方とは異なりますね。

 

あえてすくい上げるようにして

ネット際を狙うといったテクニックになります。

 

ただ、上げすぎるとただのミスショットになるので

注意が必要です。

試合で使用するのは十分タイミングを練習してからにしましょう(‘ω’)ノ

 

 

 

おススメの練習法

個人的におすすめできる

私も実際に行っている練習法をお伝えしていきます。

 

1人でできるメニュー

ラケットを90度にして

シャトルをネットの上を

少し越えるくらいに合わせて上げる

 

結構簡単にできますし

空いた時間でも

一人でも好きなだけできます(‘ω’)ノ

私は試合の空き時間とかに結構やってます(笑)

 

フォア側とバック側でそれぞれ

繰り返しやってみましょう。

 

 

2人からのメニュー

2人でヘアピンの打ち合い

これは基本的な練習ですね(‘ω’)ノ

まずは

基本的なヘアピン

スピンヘアピン

リフトネットヘアピン

等で分けて練習してみましょう。

 

慣れてくれば

それぞれランダムにヘアピンを打ってみます。

 

そして徐々に基礎打ちから

試合形式でできるだけヘアピン

を打っていくというスタイルで

ヘアピンに特化したようなプレーをしていきます。

 

私も結構この練習法はしていました(^^)/

制限をかけて行うと

フットワークの中でヘアピンを打つ

といった実用的な練習ができるので

おススメですよ(*^^)v

 

また

基本のラケットの位置のところでもお伝えしましたが

低い位置からクロスへのヘアピンを打つ練習もしておきましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

ヘアピンというのは

一見かなり地味なショットで

やっぱり練習したいのは

スマッシュとかレシーブとか

いわゆる迫力のあるショットですよね?

 

しかし

その迫力のある、決定力のあるショットを

試合中に効率よく打てなければ意味がありません。

 

その為にはラリーの中で

相手にロブを上げさせたり

相手の体勢を崩して

スマッシュが打てるショットを

試合相手に打ってもらわなければなりません。

 

ヘアピンは

そういった相手の体勢を崩したり

攻めの起点にできるようなショットです。

バドミントンでは

ネット前を制すことができるショット

として知られていますね(*^^)v

 

一流選手やうまい選手ほど

そういったショットに時間をつぎ込み

ショットの練習をしています。

 

今回お伝えしたことを念頭に置いて

練習に取り組んでみてください。

 

バドミントンで悩む方の

得点力が上がり

試合に勝てるようになれば幸いです(#^^#)

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました