スポンサーリンク

コシット・フェトラダブって誰?使用ラケットや世界ランクについても徹底解説!

現在開催されている

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018ですが

決勝戦が9月16日に地上波で放送されました!

 

日本のエースとして出場している

桃田賢斗選手ですが

今回の決勝の対戦相手が

コシット・フェトラダブという選手です。

 

、、、((+_+))?

私自身この選手について

あまり知りませんでした(;’∀’)

 

てっきり決勝に勝ち上がってくるのは

チェンロン選手シーユーチー選手

のどちらかだと思ってましたからね(笑)

 

しかしこの選手

のどちらも撃破し決勝まで勝ち進んでいます!

まさにダークホースです(;’∀’)

 

そこで今回

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018

激戦を勝ち抜いてきたダークホースである

コシット・フェトラダブ選手について

徹底調査したのでご紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

コシット・フェトラダブ


生年月日:1994年

性別:男

年齢:24歳

身長168cm

出身:タイ

 

桃田選手と同じ1994年生まれなんですね(;’∀’)

結構濃い顔をしているので

26歳くらいかと思いました(笑)

 

身長は桃田選手より6cm低い

168cmと比較的小柄な選手です( ゚Д゚)

 

 

小柄ですがコート内では

相当シャトルを拾っていたので

かなりのフットワークの速さ

であることがうかがえます。

 

 

タイの選手なのですが

やはりバドミントンは

タイ・インドネシア・マレーシア

などのアジア勢が強さに定評がありますね(笑)

 

マレーシアオープンでは

アクセルセン選手と最終セットまで

持ち込んでいますから

徐々に力をつけてきている選手だと思います(‘ω’)ノ

 

 

 

プレースタイルは?

私自身試合を見ていましたが

桃田選手とのラリーにも

しっかりついていっていましたし

かなり鋭い強烈なスマッシュ

相当な強さを感じました(‘ω’)ノ

 

フットワークも速く

かなり攻撃的なプレースタイル

という印象でした。

 

それだけでなく

ネットプレーが非常にうまいです。

攻めまでの展開もうまいですね(‘ω’)ノ

 

また

フットワークが速いというだけで

かなり試合を優位に運べるので

相当な強敵だったと思います。

 

さすがはチェンロン選手やシーユーチー選手

を倒して勝ち進んだだけはありますね(*^^)v

 

ラッキーで勝ち進んできたのではない

という実力を感じます。

 

 

 

スポンサーリンク

使用ラケット

気になる使用ラケットですが

試合映像を見ている限りでは


ナノレイZ-スピードかと思います。

日本では西本拳太選手が使用していますね(‘ω’)ノ

 

スマッシュの初速が世界最速

とまで言われている

ショットの速さを追及した

攻撃に特化した使用のラケットになっています。

 

コシット・フェトラダブ選手は

比較的攻撃的なプレースタイルなので

ぴったりのラケットなのでしょう((+_+))ww

 

 

 

 

世界ランキング

平成30年9月現在では

世界ランキング26位となっています。

 

バドミントンのヨネックスオープンは

世界ランキング15位以内の選手は

参加必須といわれる大会

世界のトップ選手が集まる大会です。

 

相当なレベルの大会ということが分かります。

 

しかしコシット選手は

現在26位なので

招集されたのではく

勝ち進んで決勝戦までやってきたのですね(‘ω’)ノ

 

そりゃ強いはずです(笑)

 

今回のダイハツヨネックスオープン2018では

決勝まで進み数々の強敵を撃破しているので

少しずづ順位を上げて

いずれはトップ10入りを果たすのではないのでしょうか?

管理人はそう思っています(‘ω’)ノ

 

 

 

まとめ

☑桃田選手と同世代の小柄な選手

☑ラケットはナノレイZ-スピード

☑速くて攻撃的なプレースタイル

 

この選手は比較的小柄な選手ですが

世界のトップ選手を撃破しています。

 

いずれ世界を戦うライバルとして

立ちはだかる可能性がありますね(‘ω’)ノ

今後の男子バドミントン界が面白くなりそうです。

 

以上、コシット・フェトラダブ選手

についてでした!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました