スポンサーリンク

桃田賢斗ヨネックスジャパンオープン2018決勝の試合解説!相手は誰かも調べました!

現在開催されている

ダイハツヨネックスオープン2018ですが

桃田賢斗選手が日本人男子として

初優勝を果たしました!

 

相手はタイのダークホース

コシット・フェトラダブ選手です。

 

試合を見ていましたが

かなりの激戦で

レベルの高い展開が続きました(‘ω’)ノ

 

そこで今回

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018の

決勝戦の試合解説のポイントを解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

決勝戦の試合解説

 

相当な激戦でしたが

終わってみると

桃田選手らしい長いラリーで

堂々としたプレーにも見えました。

詳しく見ていきましょう。

 

 

第一ゲーム

👆ポイント

☑速いく長い展開のラリー

☑お互い隙あらばスマッシュ

桃田選手は今大会これまで

一貫して攻めの試合というよりは

ラリーをつなぐ粘る強さ

試合を進めてきていましたが

決勝戦は相手のフェトラダブ選手が

かなり攻撃的なプレースタイルであるため

桃田選手も自然とラリースピードが上がり

お互いにスマッシュの打ち合いとなっています。

 

その為スマッシュの打ち合いや

速い展開の試合が好きな方は

結構見ごたえがあるかと(‘ω’)ノ

 

 

☑フェトラダブ選手のレシーブ力

相手のフェトラダブ選手も

桃田選手がラリー戦に持ち込んでくると

しっかり対応し返しています。

 

そして攻撃的なショットばかりかと思いましたが

レシーブ力もかなり高く

リターンでの返球もいいところに返しています。

桃田選手も攻めにくかったと思いますよ( ゚Д゚)

決勝戦に進んだだけはありますね(笑)

 

ちゃんと予測して返しているようなので

レシーブの参考にできる良い試合かと思います(^^)✨

 

 

第二ゲーム

☑フェトラダブ選手のレシーブのバリエーション

第二ゲームからも

同様にスマッシュの攻防が続きます。

 

桃田選手の技術やスマッシュまでの配球は

言うまでもなく素晴らしいものですが

フェトラダブ選手のレシーブが

かなり速くドリブン系のレシーブなので

桃田選手もかなり取りにくそうです(;’∀’)

 

 

☑意外にうまいネット前

桃田選手とも渡り合えるほどの

ネット前のうまさが光っていました(笑)

 

わざと早めにシャトルを触り

ネットすれすれに落とすという

絶妙なヘアピンの使い分けが

個人的にすごく面白かったですね(#^^#)

 

バドミントン部の皆さんは

是非参考にしてみては?

 

 

 

スポンサーリンク

相手選手は誰?

 

名前:コシット・フェトラダブ

生年月日:1994年

性別:男

年齢:24歳

身長:168cm

出身:タイ

 

タイ出身の選手ですが

世界ランク26位

ランキング的には桃田選手よりも

格下にはなりますが

実際にはランキング以上の

強さと可能性を感じました!

 

桃田選手と同じ24歳の彼ですが

これから世界ランキングトップ10入りも

あり得るかもしれません。

 

今大会では

リオ五輪金メダリストのチェンロン選手

世界選手権準優勝のシーユーチー選手

撃破していますからね(*^^)v

 

今後に期待大の選手です!

 

 

まとめ

今回日本人として初優勝を飾った

桃田賢斗選手ですが

 

以前から憧れの舞台で

3年前はこの舞台に立てると思っていなかった

皆さんの支えがあって優勝できた

嬉しい気持ちでいっぱい

と素直に喜びを口にしています。

 

また、今回開催された

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018ですが

2年後の東京五輪2020と同じ開催場所となっています。

東京五輪に向け、同じアリーナで優勝できたのは

大きな自信になったかと思います(*^^)v

 

是非、応援に行って少しでも

歓声を送りましょう(^^)/

 

以上、桃田賢斗の

ダイハツヨネックスジャパンオープン2018

決勝戦試合解説でした!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました