スポンサーリンク

桃田賢斗ジャパンオープン2018の一回戦の試合解説!スコアや見どころをお伝えします!

先日開催されたバドミントンヨネックスジャパンオープン2018

桃田賢斗選手が一回戦を無事突破しました。

 

ジャパンオープン2018ということで注目している方も多いかと思います。

以前開催された記憶に新しいアジア大会2018では

三回戦敗退と悔しい結果に終わりました。

 

しかし、それでも桃田賢斗選手の人気は根強くあり

女性ファンも多数いることでしょう。

 

そこで今回そんなかっこよくて強い桃田選手の

試合のポイントを解説していこうかと思います。

あまりあまりバドミントンを知らない人も

桃田選手もプレーを参考にしたい人も

ただ単に桃田選手を応援している人も

是非ご覧ください(‘ω’)ノ

 

 

スポンサーリンク

一回戦試合映像

桃田選手の強さが再確認できた試合ですね(*^^)v

先日行われたアジア大会2018では三回戦敗退と悔しい結果なだけに

かなり気合が入っている様子が伝わってきます。

ヨネックスジャパンオープン2018は好スタートが切れています✨

それでは一セット目から見ていきましょう。

 

第一セット

👆第一セットの見どころ

長いラリーで相手のミスを誘う

☑時折見せるクロスへのカットドロップが上手い

☑レシーブの精度が非常に高い

 

今回の試合の特徴として

桃田選手があまりガツガツと攻め込んでいない

というところにあります。

全体的に長いラリーとなっており

相手のミスを誘うようなプレーとなっています。

 

またその中でも

ポイントでもあるように時折見せるクロスカットドロップ

が非常にうまいですね(*^^)v

あまり桃田選手はカットドロップをしない印象ですが

今回の試合は結構使用しています。

特にバック側からのクロスカットドロップがいいですね(^^)/

 

また、長いラリーを続けていく中でレシーブをよく返しています。

これも桃田選手の強さです(‘ω’)ノ

 

以前の大会でも長いラリーや相手が嫌がる配球を意識したという桃田選手。

TVではヘアピンやスマッシュの魅力が報道されがちですが

私個人としてはこのラリーでの配給や非常に高いレシーブ力

桃田選手の魅力であり強さの秘密だと思っています(^^)/

もちろんスマッシュも半端ないですが(笑)

 

後半少しペースを上げて点を取りに行き

かなりの差をつけて、桃田選手が一セット目を先取します。

桃田21 - アントンセン9

 

第二セット

(15:46~)

第二セットの見どころ

☑速いラリーの応酬

☑強烈なスマッシュの使い分け

 

二セット目はいきなりネット際の攻防で

両者やや険悪ムード?になります( ゚Д゚)ww

アントンセン選手がタッチネットではないか?

といっているのでしょうかね?

その後の返球もちょっと冷たい感じです(´;ω;`)

 

そこで両者火が付いたのかスマッシュや速い展開が続きます(笑)

桃田選手もスマッシュを打ちに行っていますね( ゚Д゚)

コースへのスマッシュだけでなく

ボディーへのスマッシュも織り交ぜて使い分けているので

相手は非常に取りにくいでしょう((+_+))

バドミントン部の皆さんも参考にしてみてください。

 

そして、桃田選手はラケットをアストロクス99に変えてから

さらにスマッシュが速くなった気がします(笑)

相手選手も反応できていない時がありますからね( ゚Д゚)

 

なので

速いラリーやフットワーク

スマッシュの打ち合いが見たい人は二セット目のほうが

見ごたえがあるかもしれません(笑)

特に後半はスマッシュ好きにはおすすめです( ゚Д゚)

 

相手のミスも目立ちますが安定したラリーを続け

桃田選手が第二セットも取り一回戦突破となります。

桃田21 ー アントンセン10

 

 

スポンサーリンク

まとめ

終わってみればかなり圧倒していましたね(^^)/

桃田選手の本来の粘りがうまく出た試合ではないかと思います。

 

また、二回戦の様子も紹介していきますので

気になった方はぜひご覧ください(‘ω’)ノ

 

以上、桃田選手のヨネックスジャパンオープン2018の一回戦についてでした!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました