スポンサーリンク

ハイバック(バドミントン)のコツや奥に飛ばす打ち方は?練習法と原因を徹底解説します!

バドミントン

皆さんどうも。

管理人のTommyです(‘ω’)ノ

 

バドミントンをやる上で

必ずといっていいほど必要となる

「ハイバック」ですが

結構難しいイメージがあるかと思います。

 

私自身ちゃんと飛ばせるようになったのは

中学生後半からで当時は結構苦労しました(´;ω;`)

 

実際のところラウンドで

フォアから打てればいいのですが

体勢がきつかったり

シャトルの落下地点に間に合わなかったり

と必ずしもラウンドで返せるわけではないので

是非、手に入れておきたい技術です(‘ω’)ノ

 

ここで技術といったのは

ハイバック自体がパワーでなく

体の使い方やコツでしっかりと奥まで

飛ばすことができるからです(^^)/

(女性でも可能です)

 

今回はそのハイバックの技術やコツをご紹介し

一人でも多くの方にハイバックのコツを掴んで

試合に活かしてもらいたいので

是非、参考にしてみて下さい(*^^)v

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ハイバックが飛ばない原因は?

まずハイバックが飛ばない理由を

追及していきましょう。

ハイバックが飛ばない人の原因として多いのが

筋力などの身体機能面ではなく

打ち方や体の使い方にあります。

 

 

体のねじりがうまく使えていない

ある程度のパワーがある人は

腕一本で奥まで持っていけますが

毎回パワーだけでもっていっては

試合中スタミナ切れしてしまいます。

体勢も毎回安定しているわけではないので

楽に奥に飛ばせるようにする必要があります。

 

 

手首のスナップがうまく使えていない

どのショットにも言えることですが

スナップの有無でショットの質が

大きく変わってきます。

手首を固定したまま打つショットもありますが

ハイバックが飛ばない人はスナップの割合が

少ない人が多いです。

腕が一本の棒となっている感じですね(‘ω’)ノ

 

 

手首だけで打ってしまっている

スナップが使えていない人の逆パターンですね。

相当手首が強くなければ厳しいです。

かなり筋力も必要になるので打ち方というよりも

単純に手首を鍛えれば

打てるようにはなると思いますが(笑)

 

ただ楽に打つには体全体を使い

シャトルへうまく力を

伝えられるようにする必要があります。

 

 

シャトルの落下点付近に入れていない

こちらもバドミントンの基本になりますが

ハイバックを打つ際に

シャトルの落下点に入れていない人が多いです。

 

ハイバックの際にシャトルが遠すぎたり

近すぎたりするとインパクトのタイミングや

手首の返し具合も変わってくるので

基本的にはシャトル落下点もしくは

シャトルの落下点手前に素早く

入れるようにする必要があります。

この辺はフットワークの問題もありますが(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

基本的な打ち方

まずは、基本的な打ち方をご紹介していきます。

おおよそこの打ち方を基準にいろいろな応用をしていくので

まずはここから確認していきましょう。

 

グリップの握り方

ハイバックを打つ際にはバックハンドで使用する

サムアップグリップという持ち方になります。

親指でグリップの広い面を押さえて持つあれですね(^^)/

一般的な握り方

 

管理人的には広い面に対しやや人差し指方向へずらした方が

ハイバックだけでなく、いろいろなショットにつなげられるので

個人的にお勧めします(*^^)v

指の位置はフォアハンドと従来のバックハンドの間

くらいになるかと思います。

管理人おすすめの握り方

 

このような握り方をハイバック時に

瞬時に切り替えていきます。

 

またグリップの正しい握り方や

修正方法を徹底解説していますので

是非、参考にしてみてください(^^)/

バドミントンのグリップの握り方の基本を徹底解説!初心者必見のポイントをおさらい!
バドミントンは ラケットの振り方やフットワークの仕方 体力づくりやショットの練習など 様々な技術や練習が必要になる競技です。 その中でもバドミントンを始める方で 一番最初に覚えるのがグリップの持ち方 ...

 

 

一連の動作の流れ

握り方を確認したところで

実際の一連の動き方を確認していきましょう。

 

上記の握り方のまま

①シャトルの落下点

やや手前までフットワーク

②ショット時にネットに対して

背中を向ける

③そのままシャトルに対し

踏み込むように利き足

(ここではラケットを持っている手側の足)

を強く踏み込む。

④打つ際には肩を上げすぎず

腕を引き抜くようなイメージで振り

インパクトの瞬間にグリップを

握り込みながら肘を外へ開くようにして

そのまま手首を返して打つ。

 

これがハイバックの一連の流れになります。

 

これが基本的な打ち方になるのですが

この打ち方でも飛ばないよーーって方は

単純に筋力が問題なのでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。

打ち方の問題です。

なので一連の打ち方の中でもココ!

というポイントをいくつかご紹介します。(‘ω’)ノ

 

 

ハイバックのコツ

一連の流れを確認していきました。

上記の流れの反復練習でうまく奥まで飛ばせれば

問題はないのですが、それでも飛ばせない方や

もう少し簡単に飛ばしたい方に向けて

重要視してほしいところをまとめました。

いわゆるコツというやつですね。

コツは大きく分けて4つあります。

 

①後ろを向く

②踏み込み

③握りこみ

④スナップ

の4つです。

詳しく見ていきましょう。

 

後ろを向く

後ろを向くことで

体のねじりを効率的に使えるので

振る時の遠心力も上がります

何より、ハイバックで使用する

背面の筋肉(広背筋等)が伸張され

収縮した際の力がより強く働きます。

簡単に言えば背筋が使いやすくなるってことです(‘ω’)ノ

 

そして自然と肩から腕までが

体よりも後ろに行くので

ハイバックの姿勢がとりやすい

というのもポイントです(^^)/

 

その為、まずハイバックに入る際には

素早く相手に向かい背中を向けるくらい

でちょうどいいと思います。

 

 

踏み込み

踏み込みでシャトルに

力が伝わりやすくなります。

強く奥へ飛ばしたい人は

より強く踏み込むといいです。

 

ただ、踏み込みの際に力みすぎて

肩から腕にかけて力が入りすぎると

シャトルに力がうまく伝わらず

奥まで飛ばしにくくなったり

予想だにしないところへ

飛んでしまう可能性があるので要注意です。

 

 

握りこみ

これはひとつ前の

踏み込みのところでも言いましたが

肩から腕まで力みすぎると

シャトルのコントロールもできず

力もうまく伝わらないし

振り抜きもぎこちないものとなります。

 

なので、力を抜いたま

インパクト時にしっかりと握り込む

という形が理想形になるかと思います。

 

ただ、力を抜いたままの振り抜きの際には

ラケットの面がしっかりとシャトルに向ける

ようにしないと、あさっての方向に

シャトルが飛んで行ってしまうので

注意が必要です(‘ω’)ノ

 

 

手首のスナップ

ハイバックが飛ばない人の特徴として

スナップが少ない人が多いです。

腕全体で振ってしまい

腕のしなりが使えていないので

一本の長い棒を振ってしまっている状態になっています。

 

そうなるとシャトルが甘く上がってしまう

原因になってしまうので

スナップは必須になるかと思います。

 

その為、インパクトの瞬間には

飛ばしたい方向へ手首のスナップを

しっかりと意識しましょう。

 

 

上記の4つのコツを念頭に置き

実践してみてください。

大体の方がハイバックが打ちやすくなり

しっかりと奥へ飛ばせるようになるかと思います(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


 

練習法の実践

以上のコツを参考に実践していきます。

言葉で理解できても

実際に体で覚える必要がありますからね(笑)

 

その①

まずはラケットの振り方です。

先ほどお伝えしたグリップの握り方で

ラケットを振っていくのですが

振りぬくというよりは

スナップをきかせて止めるようなイメージです。

 

振りぬいてしまうとショットが雑になったり

コート外に出てしまうといった

可能性があるので注意が必要です。

まずはここで振り方を染みつかせましょう。

 

その②

次はフットワークのみを行い

シャトルの軌道や

落下地点を予想し

素早く落下地点に入る練習です。

 

グリップの握り方は大前提として

フットワークで素早く落下点付近に入れなければ

奥へ飛ばしにくくなります。

 

まずはこの反復からやっていきましょう。

 

 

その③

①、②の練習後は実際に

シャトルを使って練習しましょう。

ハイバックに上げてもらい

ストレート奥に打ち返しましょう。

クロスハイバックを練習する前に

まずストレートがキレイに打ち返せる

ようにした方がよいでしょう。

 

この時、一連の流れで紹介した

ポイントを念頭に置いて

自身の体勢を崩すことなく打ち返しましょう。

 

 

その④

①、②、③でしっかりと反復練習を行った後は

実際にラリーの中でハイバックを使ってみましょう。

相手には時折バック奥へとロブを上げてもらい

しっかりとシャトルの落下地点を

予測しながら打ち返します。

 

慣れてくれば手首の返し具合や

ラケットの面の当て方で

低く速いドリブンクリア

相手の体勢を崩す攻めのクリアを打ったり

高く奥へ上げるクリア

自身の体勢を立て直すようなクリアを打ったりと

ハイバックでも使い分けが出来るようになります。

 

 

動画紹介

今までお伝えしてきた打ち方解説に加えて

よりイメージがわきやすいように動画でも確認してみてください。

分かりやすく実践されているので

是非、参考にしてみてください。

イメージがわいてプレーにもつなげやすいかと思います(^^)/

 

 

まとめ

私は小学校高学年から

専門学校までバドミントン部で

現在もバドミントンを

週1~2程度はやっています。

 

一緒にプレーしている人に

ハイバックを教えたりしているのですが

皆さんの見込みが速く

すぐにうまく打てるようになっています。

 

よく初心者~中級者の方に教えています

いまだにハイバックを

難しくとらえている人がたくさんいます( ゚Д゚)

Twitterをのぞいてみても、、、


こんな感じでハイバックに

苦手意識や難しさを感じている人が多いです。

 

しかし、ハイバックが打てないからと

あきらめてしまうのはもったいないです。

ハイバックがうまく打てるようになれば

戦術の幅は広がりますし

きちんとした知識と反復練習で

必ず上達することができます。

 

あの桃田賢斗選手も国際大会や世界選手権で

ハイバックを使わない試合はありませんからね(;’∀’)

バドミントンをする上では必須ですので

是非あきらめず取り組んでみましょう。

 

この記事がすべての悩めるバドミントンプレイヤーの

役に立てることを祈っています。

 

ではでは(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました