スポンサーリンク

桃田賢斗の出身校や名前の由来は?プロフや経歴を徹底調査しました!

バドミントン

皆さんどうも。

管理人のTommyです(‘ω’)ノ

 

この記事では桃田選手の

基本的な情報や選手データを

ご紹介していきます。

また、随時記事の内容を

最新のものに更新していきます。

(H30. 9月現在)

 

 基本プロフィール

桃田 賢斗(ももた けんと)

生年月日:1994年9月1日

出身地:香川県三豊郡三野町(現在は三豊市)

血液型:A型

身長:175cm

体重:68kg

利き腕:左利き

出身校:三豊市立吉津小学校 → 富岡第一中学校 → 富岡高等学校

出身クラブ:三豊ジュニアバドミントンクラブ

所属チーム:NTT東日本 (2013年4月入社)

世界ランキング:現在2位 (過去最高ランク 2位)

 

 

強さレーダーグラフ

 

※あくまで個人的な意見です(笑)

2018年現在のデータ

f:id:fkoktgwkwsk:20180613183459p:plain

 

謹慎後の急成長と快進撃もあり

精神面は大きな成長を

遂げていることから5点としました。

 

また、テクニックはご存知の通り

「スーパーヘアピン」と称される

ネット際のショットや試合運び

配球テクニックも世界でも

屈指のものだと思うので5点

 

ウエイトトレーニングを行い

スピードが以前にも増して

向上していることから4.5点

 

パワーは体重コントロール後に

軽くなったことから

以前とあまり変わらない4.5点

としました。

あくまでいち個人の見解なので

ご了承ください(;’∀’)(笑)

 

 

名前の由来

 

これは桃田賢斗ファンの中では

有名な話ですが

映画「スーパーマン」

の主人公である

クラーク・ケントが由来となっています!

クラーク・ケントのように

世界で通用する男に育ってほしい

という、ご両親の熱い気持ちから

「賢斗」と名づけられたそうです(*’▽’)

 

ちなみにご両親は全く

バドミントンの経歴がないそうで

父・信弘さんはバドミントン関係書籍を

買いあさり、独学でバドミントン競技を

一から勉強し、練習メニューを考え

指導したそうですね(笑)

 

 

バドミントンを始めたきっかけ

 

バドミントン未経験者のご両親ですが

3歳年上の姉・めい子さん

バドミントンクラブへ通っており

練習に付いていった影響から

小学2年生でバドミントンを

始めたとのこと。

 

もともと負けず嫌いな

性格だったこともあり

その後はメキメキと成長し

その年の香川県大会では

なんと2位という好成績を

残したといいます( ゚Д゚)!

すごいですね(笑)

 

 

元々は野球少年だった?

「左利きのバッター(野球)左利きのバッター(野球)」のフリー写真素材を拡大

今でこそ日本を代表するバドミントン選手ですが

元々はソフトボールチームにも所属しており

チームでは屈指のホームラン王だったそうです(笑)

 

小さいころからスポーツ万能だったんですね(*’ω’*)

 

そのため、小学6年生で出場した

全国小学生選手権で優勝しなければ

野球へ転向を考えていたそうです(笑)

 

野球の投球フォームと

バドミントンのスイングは

一連の動作も似ていますし

通ずるものがあったのでしょうね(;’∀’)

 

また、2016年3月には

巨人VSヤクルト戦

始球式を行っています!

普通にうまいです(笑)

野球へ転向してても活躍していたかも?

 

出身校はどこ?

基本プロフィールでも

ご紹介しましたが

三豊市立吉津小学校

富岡第一中学校

富岡高等学校

へ進学しています。

 

三豊市立吉津小学校

香川県三豊市三野町吉津にある公立の小学校。

全校生徒は150人程度で職員も20程度

比較的小規模の学校です。

 

特にバドミントンで有名なわけではなく

桃田選手の地元にあった、一番近い

小学校といった感じなのでしょう(^^)/

 

 

富岡第一中学校

小学校卒業後は

福島県田村郡三春町にある

富岡第一中学校へと進学しています。


この中学校はバドミントン強豪校ですが

ソフトテニスでも活躍している学校になります。

 

中学校から本格的に

バドミントンに取り組んだ

桃田選手ですが、このころから

世界的な活躍を視野に入れていたのでしょうか?

未来のオリンピック選手育成を本気で

取り組んでいる学校ということですから

可能性はありますね(‘ω’)ノ

 

 

富岡高等学校

中学卒業後は

福島県双葉郡富岡町にある

福島県立富岡高等学校へ進学しています。

 

もともと

全日制の普通科がある学校でしたが

2006年からは国際・スポーツ科のみ

となっています。

バドミントンでも全国的に有名ですが

サッカーでも全国屈指の強豪校です(#^^#)✨

過去には数多くのプロサッカー選手を

選出しているほど。

 

 

カジノへの出入り

「チップを回収するカジノディーラーチップを回収するカジノディーラー」のフリー写真素材を拡大

2016年4月に違法カジノへの

出入りが発覚し、当時日本を代表する

選手であった田児賢一選手と共に

無期限出場停止処分を受けています。

 

この事件の影響で

悪い意味で日本バドミントン界

が注目を浴びました(´;ω;`)

悲しい事件です。

 

その翌年

2017年5月15日付で

処分解除となった桃田選手

は成長した姿で帰ってきます。

 

 

リー・チョンウェイ撃破

復帰した翌年の

アジア選手権大会2018

バドミントン界のレジェンドである

リー・チョンウェイ選手を準決勝で撃破し

決勝では中国の強敵である

チェン・ロン選手を下して見事

日本人初優勝を果たしました!

 

 

まだまだご紹介したい試合はたくさんありますが

わかりやすく強さの伝わる試合を選びました(*^^)v

今や日本が誇るトッププレイヤーですね(笑)

 

 

謹慎後の変化

 

謹慎中、自分のしたことの

軽率さと愚かさを後悔し

たくさん考えたという桃田選手。

 

また、同時にこれまで当たり前に

バドミントンがプレーできていた

ことへの感謝の気持ちが浮かんできたそうです(‘ω’)ノ

 

そして、これまで技術を磨くことに重きを置き

練習をしていたそうですが、これまで以上に

苦手としていたフィジカル面や精神面

ウエイトトレーニングを重点的に鍛え上げたそうです。

 

そして、試合の際には驚くほど自身の体が

軽くなっていることに戸惑い、最初はついていけず

よくミスをしていたそう(笑)

 

徐々に自身のスピードについていけるようになり

より正確なショットと冷静な試合運びができるようになったとか。

 

また試合の際には、勝つというよりもプレーができる

環境に感謝しつつプレーをしているそうです(*’ω’*)

この彼の人間性と成長が

ここまでの快進撃の秘密なのかもしれませんね(笑)

 

まとめ

 

これまで桃田選手の基本情報や

これまでの経歴について

ご紹介させていただきました!

 

悲しい事件もありましたが

その後の成長が凄まじく

次々と快進撃を見せてくれます(笑)

 

今後の国際大会や、2020年の東京五輪での

活躍にも大いなる期待が持てますね(*^^)v

 

現世界ランク1位のビクター・アクセルセン選手

破っていますし、金メダルが期待できるかも(*’▽’)?

 

また個人的には、違法カジノ事件で処分を受けた

田児賢一選手が再び日本で活躍する姿も見てみたいですね(´;ω;`)

 

以上、桃田賢斗選手についてでした!

また、記事は随時更新していきます(*^^)v

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました